Pocket

手汗が酷い場合には自律神経のバランスが悪い、乱れているということがよく言われます。
自律神経と手汗の関係についてまとめました。

手汗は自律神経がコントロールしている

人間には自律神経という無意識状態で働いてくれる神経があります。
自律神経は体にある器官や血液などをコントロールしています。

脳の視床下部からの指令を受けて、寝ている時でも呼吸をしてくれたり、心臓を動かしてくれたり、食事のあとで消化してくれたりという体の働きを担っています。

無意識状態で働いてくれるので、自分でコントロールするのが難しい「もう一人の自分」といった存在です。

自律神経は全身の汗腺もコントロールしているため、体の必要に応じて、私たちが意識しないところで汗を拭きださせているわけです。

汗をかく理由

私達が汗をかく理由は主に2つ。
1つは暑い時に体温をさげるためにかく「温熱性発汗」。
もう1つは暑くなくとも緊張した時などに冷や汗をかく「精神性発汗」です。

このどちらも自律神経が関わっています。

温熱性発汗のしくみ

私達人間は体温が低すぎても高すぎても命の危機にさらされます。
もし、汗をかくことができなければ体温はすぐに40℃を超えてしまうため危険です。

脳が暑いを感じるようになると、自律神経を介して全身の汗腺から汗をかくように指令します。
汗は皮膚上の汗腺から出てくるのと同時に蒸発し、その時の気化熱で体温を下げているわけです。

水分が蒸発する時には周りの熱(エネルギー)を奪うため、体温が下がるという仕組みです。

精神性発汗のしくみ

体温が上がらなくとも汗をかいてしまう経験は誰しもしていることと思います。
たとえばみんなの前で自己紹介をしなければならない時なんかがそうですね。

ドキドキしたり緊張する場面に遭遇すると人は冷や汗をかきます。

これは自律神経のうち体をアクティブに動かす時に活発になる「交感神経」が働いているからです。
交感神経はドキドキしたり緊張したりすると「戦闘状態」に入ります。
一説によると大昔の人間が狩りをする際に、手や足から汗をかくことで滑り止めにしていたという話もあり、これが今でも遺伝情報として残っているのだそうです。

その説が正しいかどうかはさておき、交感神経が優位になっている状態では汗をかいてしまう傾向にあるというのは事実です。

自律神経はなぜ乱れるのか

手汗で悩んでいる人の多くは「暑くもないし、ドキドキもしていないのに手汗が出る」という状態を体験しているでしょうし、「人と同じぐらいの体温でも尋常じゃないほどの手汗が出る」という悩みを抱えているのではないでしょうか。

こうなってしまう背景には自律神経の乱れが影響していると言えます。

自律神経は本来、交感神経と副交感神経が交互にバランスを保ちながら存在しています。
副交感神経というのはリラックスしている時に働く自律神経のことです。

この相反する2つの自律神経のバランスが悪くなることが、異常な汗をかいてしまうことに繋がってくるわけです。
では自律神経が乱れてしまうのにはどういったことが影響しているのでしょうか。

睡眠不足

睡眠不足は自律神経を乱してしまう大きな原因の一つです。

人間はもともと、朝起きて夜に眠るようにプログラムされています。
そのため、朝日を浴びることで睡眠ホルモンと呼ばれるメラトニンが多く分泌され、夜に自然と眠くなるというようにできているのです。

起きている間には交感神経が優位に、眠りにつく時間が近づくにつれ副交感神経が優位に立つようになるので、睡眠不足が続くと交感神経が優位である時間が増えてしまい、結果的に自律神経の乱れに繋がってくるわけです。

ストレス

ストレスも自律神経に影響します。
人間はストレスを感じると交感神経が優位に立つようにできています。

これはストレスを生命の危機と感じるためで、戦闘態勢に入る準備をしているわけですね。

日常的にストレスを感じる事が多ければ、交感神経が優位に立つ時間が増え、自律神経の乱れに繋がると言うことです。

食生活

食生活によっても自律神経が乱れることがあります。
たとえば暴飲暴食をしてしまう、または逆に食べなさすぎるといったことがあれば、体にとってはストレスとなり自律神経バランスを崩してしまうわけです。

食事は適量を1日3回に分けて摂取することが体への負担も少ないため望ましいとされています。

運動不足

慢性的に運動不足である人も、自律神経が乱れやすくなります。
適度な運動を心掛けることで交感神経と副交感神経のバランスを整えることができるようになります。

手だけに汗をかく場合

自律神経の乱れによって発汗の異常が見られることがあっても、それは手汗だけに限ったことではなく全身の汗腺に影響することです。
もし手にだけ汗を多くかいてしまうのであれば、それは局所性多汗症という症状かもしれません。

家でリラックスをしている時(副交感神経が優位である時)でも、体温が高くなくとも、手のひらにじっとりと汗をかいていることが多い人は局所性多汗症を疑った方がよいでしょう。

もし手汗に悩んでいたらオススメしたい制汗剤3選

手汗に悩んでいるものの、どの制汗剤にしたらいいのか悩んでいる方は、とりあえず以下3つの制汗剤を参考にしてみてください。
それぞれ配合されている成分と商品のタイプが違うので自分の手汗レベルや使うシーンに適したアイテムを選ぶようにしましょう。
制汗剤は手術などとは違い、比較的簡単に手汗の悩みから解放されるためおすすめです。

強い制汗作用が欲しい人向け「デトランスα」

手汗に強い制汗効果を表す、塩化アルミニウムを配合したデンマーク製のローションタイプの手汗用制汗剤です。
塩化アルミニウムは強い効果がある反面、肌荒れなどの副作用が起こる可能性も高いため、日本人向きではないという声も。

公式サイトからの購入で初回分が多少安価に購入することができますが、2回目以降は通常価格での購入となり、並行輸入品ということもあって高額になります。

それでも、肌に負担がかかったとしても強い効果を期待したいという方にはオススメの商品と言えます。

初めて制汗剤を使う人向け「CORKL(コルクル)」

手汗に悩んでいる人のための化粧クリームです。
リニューアルをして肌に対してのやさしさを追求した化粧品になりました。

肌への刺激が少ないように使用成分を厳選、サラサラの肌触りを体感できるように作られているため初めて制汗剤を使う人にオススメです。
(肌への優しさを最優先にしているため消臭成分などは撤去されています)

現在はAmazon、楽天、Yahoo!ショッピングでの販売になっています。

気になる時に手汗を止めたい人向け「farine(ファリネ)」

パウダータイプの手汗用制汗剤です。
ネット通販系の制汗剤においてはかなり知名度が高い商品といえます。

有効成分ACHが手のひらの汗腺を塞ぐことで手汗を止めることができるというもの。
パウダータイプなのでベビーパウダーのように使うことが可能です。

効果は1~2時間と短いため、一日のうちで手汗が気になるシーンの直前に使用するぐらいがちょうどいい方にはオススメです。
公式サイトからの購入で30日間の返金保証が得られるメリットがあります。