Pocket

暑かったり緊張したりした時にかく汗。
いったい人間はなぜ汗をかくのでしょうか。

汗とはいったいどういうもので、どんな仕組みで分泌されるのかをまとめました。

なぜ汗が出るのか

まず、なぜ人間は汗をかくのかについて説明します。

実は人間以外の動物では汗をかけない生き物も多くいます。
例えば兎は汗腺がないため汗をかきません。
犬の場合、足の裏に汗腺があって汗をかきますが、人間とはその役割が違います。

人間は多くの場合、体温調節のために汗をかいています。
これを「温熱性発汗」と呼びます。

この他にも緊張した時にかく「精神性発汗」や、辛い物を食べた時にかく「味覚性発汗」が人間の発汗の種類になります。

命を守るために進化した

人間は恒温動物という、外気の温度に左右されない一定の体温を持つ動物です。
そのため、外が猛暑でも極寒でもだいたい36~37℃ぐらいに体温が保たれています。

風邪を引いた際に体温が38℃を超えてしまい、体がだるく、動くことがとても困難になった経験がある方も多いのではないでしょうか。
実際、体温が40℃を超えてくると命の危険があると言われています。
つまり、人間が日常的に生活をできる体温というのは36~37℃ぐらいと決まっているんですね。

そこで、人間の進化の過程で、体温が上がりそうな時には汗をかくことで体温を下げようとする機能が備わりました。
汗をかくと、汗の水分が蒸発するときの気化熱によって皮膚表面のエネルギーを使い、体温を下げることができます。

具体的には他の動物には見られない「エクリン腺」という汗腺(汗の通り道)を全身に多く発達させました。
これによって全身からくまなく発汗することが出来る為、外気温の変化にも対応できるようになっているわけです。

ちなみに汗腺にはエクリン腺だけでなく、ニオイを出す汗腺のアポクリン腺というものも存在します。
臭いニオイは今日の人間には不要になりましたが、もともとはフェロモンのような役割を持っていた重要なものでした。

現在も馬や牛の体温調節を担っている汗腺はこのアポクリン腺で、同じく体温調節で発汗をするといっても人間とは違うことがわかります。
また、犬の場合は発汗による体温調節機能が優れていないため、暑い時にハッハッと舌を出して体温調節を行っています。

そして爬虫類や昆虫といった変温動物は外気と共に体温が変化するため汗をかきません。

つまり、人間は多くの生物の中でも特別に「汗をかくように進化した動物」と言えるのです。

汗とは何なのか

では汗とはいったいどんなものなのでしょうか。
調べてみると、エクリン腺から分泌される汗はその99%が水分ということでした。

そして残りのごくわずかな成分にナトリウムや塩素、カリウム、カルシウムなどが含まれています。

実は汗の成分は、血漿とほぼ同じで、その濃度が違うだけだということがわかっています。

血しょうは血液にふくまれる成分。
血液は人間が生きていくうえで大切なものだということは誰でも知っています。

そんな大切な成分を体外に排出しているわけなんですね。

逆に言えば、エクリン腺から汗をかいて体温を調節するということが、血液の成分を犠牲にしてまで行わなければならない大切なこと、という事を意味しているのです。

汗が出る仕組み

さて、人間にとって血液を犠牲にするほどに必要な発汗。
これはどのように促されるものなのでしょうか。

私たちは誰しも「汗をかきたい」と思ってかいているわけではありません。
発汗は一つの反射作用であり、それは無意識のうちに行われているものです。

身体が暑いと感じた時に発汗するよう指令を出しているのは脳の視床下部という部分です。
視床下部から出た指令を受けて、汗腺が汗を分泌しているのです。

そして視床下部は汗の量すらコントロールしており、適切に体温が下がった時には発汗を止める指令を出すことになります。

暑さを感知しているのは視床下部だけではありません。
人間の皮膚も暑さを感知するセンサーとして働いています。

皮膚が敏感に暑さを察知し、これを脳に伝えることで発汗を促し、結果的に汗をかくということもありえるのです。

異常発汗は感知のズレが原因

実はこの暑さを感知するセンサーの精度が、視床下部と皮膚で若干異なります。
現代においては炎天下から急に冷房の効いた部屋へ入ることや、逆に涼しい部屋から急に暑い外へ出るということが珍しくありません。
100年前ぐらいの人類にはありえなかった状況です。

こういった時には皮膚が感じる温度と視床下部で感知している温度には差が生まれてしまい、これが異常発汗、多汗症の原因になっているという説もあります。

いわば、多汗症は環境をコントロールし始めた人類がもたらした現代病なのかもしれません。

もし手汗に悩んでいたらオススメしたい制汗剤3選

手汗に悩んでいるものの、どの制汗剤にしたらいいのか悩んでいる方は、とりあえず以下3つの制汗剤を参考にしてみてください。
それぞれ配合されている成分と商品のタイプが違うので自分の手汗レベルや使うシーンに適したアイテムを選ぶようにしましょう。
制汗剤は手術などとは違い、比較的簡単に手汗の悩みから解放されるためおすすめです。

強い制汗作用が欲しい人向け「デトランスα」

手汗に強い制汗効果を表す、塩化アルミニウムを配合したデンマーク製のローションタイプの手汗用制汗剤です。
塩化アルミニウムは強い効果がある反面、肌荒れなどの副作用が起こる可能性も高いため、日本人向きではないという声も。

公式サイトからの購入で初回分が多少安価に購入することができますが、2回目以降は通常価格での購入となり、並行輸入品ということもあって高額になります。

それでも、肌に負担がかかったとしても強い効果を期待したいという方にはオススメの商品と言えます。

初めて制汗剤を使う人向け「CORKL(コルクル)」

手汗に悩んでいる人のための化粧クリームです。
リニューアルをして肌に対してのやさしさを追求した化粧品になりました。

肌への刺激が少ないように使用成分を厳選、サラサラの肌触りを体感できるように作られているため初めて制汗剤を使う人にオススメです。
(肌への優しさを最優先にしているため消臭成分などは撤去されています)

現在はAmazon、楽天、Yahoo!ショッピングでの販売になっています。

気になる時に手汗を止めたい人向け「farine(ファリネ)」

パウダータイプの手汗用制汗剤です。
ネット通販系の制汗剤においてはかなり知名度が高い商品といえます。

有効成分ACHが手のひらの汗腺を塞ぐことで手汗を止めることができるというもの。
パウダータイプなのでベビーパウダーのように使うことが可能です。

効果は1~2時間と短いため、一日のうちで手汗が気になるシーンの直前に使用するぐらいがちょうどいい方にはオススメです。
公式サイトからの購入で30日間の返金保証が得られるメリットがあります。