Pocket

手汗をかいてしまう人とそうでない人、性格的な違いはあるのでしょうか。
どうも手汗をかかない人は明るくて、あまり細かいことを気にしないような性格の人が多いんじゃないかと思ってしまうものです。

そこで、手汗と性格の関係についてまとめてみました。

手汗は性格によって左右されるのか

私見ではありますが、私は手汗と性格はある程度の関係があると思っています。

大前提で言えば手汗は誰でもかくものです。
手汗をかかなければ、手のひらはとても乾燥してしまい、手汗をかくよりも酷い状況になってしまいます。

それでも手汗を多くかく人とそうでない人がいるのも事実で、先に書いた通り「あまり細かいことを気にしないような性格の人」の方が手汗が少ないというのもまた事実です。
これは手汗をかく原因の一つである「精神性発汗」が関係しています。

精神性発汗と性格の関係

人間が汗をかくときには、暑い時にかく温熱性発汗、緊張したときや興奮したときにかく精神性発汗、辛い物を食べた時にかく味覚性発汗があります。
このうち手汗と深い関係があるのが精神性発汗です。

たとえば大勢の人の前でスピーチをしなければならない状況になった時、手に持った原稿が汗でびちょびちょになってしまった経験はありませんでしょうか。
もしくは好きな人と手を繋げるかもしれないといった場面に限って手のひらが湿ってしまった・・・なんてこともあると思います。
スポーツ観戦をしていたら白熱してしまい、文字通り「手に汗を握る」状況になっていたこともありますよね。

これらはいずれも緊張したり興奮したりすることによって自律神経が手のひらに発汗させているのです。
発汗量の大小こそあれ、誰にでも起きる普通の現象です。

ただ、こういった発汗をあまりにも気にしすぎてしまうと、手汗が出ていることに焦り、結果的にまた精神性発汗が起きてしまうという悪循環に陥ります。
手汗量があまりにも多い人はこういった状況になっている可能性があるのです。

つまり、「細かいことを気にしない人」の方が手汗が出にくいという話に繋がってくるわけです。

手汗は原因は不明

手汗が出る仕組みは前述のとおりですが、その根本の原因は人それぞれです。

たとえば過去にピアノの発表会で失敗してしまったという経験から、人前に立つということを考えただけで異様に緊張してしまうという人もいます。
スポーツ観戦をしていても人よりも激しく興奮してしまう人もいれば、好きな人を意識する感情が人よりも高いという人もいるでしょう。

また、こうした精神的な問題だけでなく、発汗が自律神経にコントロールされているという観点からも様々な原因が挙げられます。
睡眠不足であれば自律神経バランスは乱れがちになりますし、食生活にも左右されるのです。

対処方法

手汗を根本から解決させるためには、こうした精神的な不安と肉体的な改善を行う必要があります。

まず第一歩は食生活を整えることと、睡眠をしっかりと取ること。
自律神経が不安定であれば予期せぬ発汗があるのは仕方ありません。

そのうえでやれることが以下になります。

精神性発汗の場合の対処

手汗の原因が精神的なものである限りは、その不安を取り除いてあげるなど精神的な安定が不可欠です。
よく言われている対処方法として「気にしないようにする」というものが挙げられます。

手汗を気にしないように心がけることで、ある程度気にならなくなってくると、自然と手汗が少なくなるというものです。

これは手汗の権威も推奨している方法なので十分な効果を期待することができます。
ただし、「手汗を気にしないようにする」なんてことが出来たら苦労しません。

そこで手汗用の制汗剤などの一時的に手汗を止められるアイテムを使うことがオススメです。
制汗剤は手汗の根本解決をするものではありません。
ですが、一時的に手汗をしっかり止めてくれるので、日常的に手汗を気にする機会が減ることに繋がるのです。

ネット通販でお得に購入できますし、医師の診断もいらないので手軽に始められる方法です。

多汗症の場合の対処方法

もし、手汗の量があまりにも多く、手掌多汗症と思われる場合には制汗剤での対処は難しいかもしれません。
一度制汗剤を試してみて、それでも手汗が止まらないような場合には皮膚科の受診をオススメします。

病院に行くとすぐに「手汗の手術」と思ってしまうかもしれませんが、手汗への対処方法はいろいろあるので心配しなくても大丈夫です。

もし手汗に悩んでいたらオススメしたい制汗剤3選

手汗に悩んでいるものの、どの制汗剤にしたらいいのか悩んでいる方は、とりあえず以下3つの制汗剤を参考にしてみてください。
それぞれ配合されている成分と商品のタイプが違うので自分の手汗レベルや使うシーンに適したアイテムを選ぶようにしましょう。
制汗剤は手術などとは違い、比較的簡単に手汗の悩みから解放されるためおすすめです。

強い制汗作用が欲しい人向け「デトランスα」

手汗に強い制汗効果を表す、塩化アルミニウムを配合したデンマーク製のローションタイプの手汗用制汗剤です。
塩化アルミニウムは強い効果がある反面、肌荒れなどの副作用が起こる可能性も高いため、日本人向きではないという声も。

公式サイトからの購入で初回分が多少安価に購入することができますが、2回目以降は通常価格での購入となり、並行輸入品ということもあって高額になります。

それでも、肌に負担がかかったとしても強い効果を期待したいという方にはオススメの商品と言えます。

初めて制汗剤を使う人向け「CORKL(コルクル)」

手汗に悩んでいる人のための化粧クリームです。
リニューアルをして肌に対してのやさしさを追求した化粧品になりました。

肌への刺激が少ないように使用成分を厳選、サラサラの肌触りを体感できるように作られているため初めて制汗剤を使う人にオススメです。
(肌への優しさを最優先にしているため消臭成分などは撤去されています)

現在はAmazon、楽天、Yahoo!ショッピングでの販売になっています。

気になる時に手汗を止めたい人向け「farine(ファリネ)」

パウダータイプの手汗用制汗剤です。
ネット通販系の制汗剤においてはかなり知名度が高い商品といえます。

有効成分ACHが手のひらの汗腺を塞ぐことで手汗を止めることができるというもの。
パウダータイプなのでベビーパウダーのように使うことが可能です。

効果は1~2時間と短いため、一日のうちで手汗が気になるシーンの直前に使用するぐらいがちょうどいい方にはオススメです。
公式サイトからの購入で30日間の返金保証が得られるメリットがあります。