Pocket

小さいころから気になっていた手のひらや足の裏の汗。
他の人も手汗はかくようだけど、どうも自分ばっかり大量に出ているような気がする・・・やばい。

そんな危機感を感じている方も手汗の原因と対策方法を知ることで解消していくことが可能です。

以下に原因と対策方法を紹介します。

手汗の原因は?

手のひらに汗をかく原因は主に3つに分けられます。
一つずつ見ていきましょう。

温熱性発汗

人間は恒温動物なので、体温は外気に左右されず一定のライン(だいたい36℃ぐらい)に保たれています。
もし仮に体温が40℃を超えるようなことがあれば、とても体調が悪くなり、最悪の場合死に至る可能性もあるのです。

そのため、暑い時には自動的に汗をかいて体温を下げるという機能を持ち合わせています。

肌の温度センサーが暑いと察知した場合、脳の視床下部から発汗の指令がでて、アセチルコリンという神経伝達物質を経て全身の汗腺から汗を分泌します。
この時、汗が蒸発する気化熱によって体温が下がるのですが、蒸発しきれなかった分が表面に汗として出てきます。

つまり、暑い時には当然手のひらにも汗をかくということになり、なんらおかしなことではありません。
ただし、人によってその量に大小があるため、たまたま人よりも手のひらの汗が多く出てしまうということもあるのです。

精神性発汗

暑くない時でも私たちは汗をかくことがあります。
俗にいう「冷や汗」がそれで、緊張したり興奮したタイミングで発汗が促されるものです。

私たちの祖先は木に登ったり、裸足で走ったりして生活をしていました。
この時、手のひらや足の裏のエクリン腺から適度な汗をかくと滑り止めになってちょうどよかったのだそうです。

ではどんな時に木に登ったり走ったりしたのかというと、獲物を追うときや天敵に追われるときだったんですね。
進化の過程で、緊張状態や興奮状態と手のひら、足の裏の汗が紐づいた人たちが生き残ったことから、私たちにもこの機能が引き継がれています。

現代においてはまったく生活に必要のない機能となってしまいましたが、人類の歴史を考えれば文明がここまで発達したのはごく最近のことなので、過去の栄光の名残として今でも緊張状態の時に発汗してしまうのです。

多汗症など自律神経の不調

汗をかくときには私たちにコントロールすることができない神経である自律神経の「交感神経」が汗腺に作用しています。
自律神経はストレスや性ホルモンの乱れによってそのバランスを崩してしまいます。

自律神経のバランスが崩れると、本来発汗しなくていいような場面でも多く発汗してしまう・・・といったような事態が起きてしまう可能性があるのです。
多汗症という症状も自律神経の乱れが原因の一つとなっており、これによって「たいして暑くもない」「そこそこリラックスしている」といった状態でも手汗をかいてしまう、または手汗が分泌されだしたら滝のようにあふれてしまう・・・といった事態が引き起こされてしまいます。

ストレスというのは学校や職場で感じるものだけではなく、食事のバランスが悪かったり、睡眠不足といった体への負担も意味しています。
現代はとかくストレスをためがちと言われているのは、こうした生活習慣の乱れがその原因となっています。

ほかにも自律神経失調症や、糖尿病、甲状腺ホルモンが過剰に分泌される甲状腺亢進症なども手汗の原因とされています。
女性の場合だと更年期に自律神経が乱れやすくなったりすることも関係しているようです。
異常な手汗はこうした病気のサインかもしれません。

自律神経を整えるためには鉄分、ビタミンB群、ビタミンC、カルシウムなどを中心にバランスの取れた食事をすることや、睡眠をしっかりとることが重要です。
また、副交感神経を優位にさせる「爪もみ療法」も有効であると言われています。

手汗には3段階のレベルがある

手汗に悩んでいるといっても、どの程度だったら正常なのかの判断は付けられますでしょうか。
一般的に手汗は3段階のレベルで表せられています。

レベル1は手のひらが湿っている状態。
一目見ただけでは手汗をかいているかどうかわからないものの、手を触れることで湿っていることがわかるといったレベルです。

レベル2は見た目でわかる程度の状態。
そしてレベル3になると汗が流れ、場合によってはポタポタとしたたる状態になります。

手汗レベル1であれば、そこまで悩む必要はありません。
制汗剤の使用などで簡単に抑えることが可能ですし、「気にしない」ということを心がければ自然と収まる可能性があります。

手汗が出てきたなと思ったら腹式呼吸にて深く息を吐き、精神をリラックスさせることで抑えられることもあります。

芸能人も悩んでいる

実は手汗に悩んでいる人は多く、専用の制汗剤が出ているほどに一般的な悩みだったりします。
そのため、芸能人でも手汗に悩んでいる人がたくさんいます。
[参考]芸能人やアーティストなど有名人が手汗に悩みやすい職業である理由。

なんとなく、知っている人も手汗で悩んでいるんだと知ると、若干気が楽になりますよね。
自分だけの特別な病気ではないということを意識しておきましょう。

治療方法

それでは手汗を解消していく対策方法について説明します。
今すぐ、今日明日中にどうにかしたい場合と、長期スパンで改善していきたい場合でアプローチは変わってきます。

今すぐなんとかしたい場合

もし、今からデートに行くのに手汗が気になってしまう・・・といったような場合には、半側発汗が有効です。
舞妓さんが使っている方法として有名なもので、胸のやや上らへんを圧迫することで上半身(顔や腋、手のひら)の汗を抑えられるという方法です。

これは人間に備わった条件反射の一つで、抑えている側と反対側に多く汗を出す代わりに、抑えられている側の汗を止めるというものです。
なので、背中やおなか、足の裏などの汗が増えてしまうデメリットがあります。

そして、圧迫を辞めてしまえば汗が噴き出ますし、圧迫することで体調が悪くなるかもしれないリスクもあることを理解しておきましょう。

また、合谷や復溜などの手汗に効くツボというものもありますが、素人が見よう見まねで体得できるようなものではないと思っておいた方がいいでしょう。

長期的になんとかしたい場合

長期スパンでどうにかしたい場合には、塩化アルミニウムやミョウバン水といった制汗成分の入ったアイテムを使う、皮膚科で汗止め薬(抗コリン薬)や漢方薬を処方してもらう、イオントフォレーシスの施術を受ける、美容皮膚科にてボトックス注射をしてもらうなどによって、普段から汗をかかない状況に慣れておくという方法があります。
比較的軽度であればベビーパウダーなどで簡易的に手汗を抑えるのでもよいでしょう。

手汗の原因の多くは精神性発汗にあると言われており、「汗をかいたらどうしよう」という不安から余計に手に汗をかいてしまう悪循環が起きています。
つまり、心配性な人ほど手汗をかきやすいと言えるかもしれません。

そこで「汗はかかない」または「汗をかいても大丈夫」という状況を作っておくことで、精神的な不安から解消されて、次第に汗をかかなくなっていくという方向へもっていくのが有効であるというわけです。
携帯用スプレータイプやハンドクリーム状の制汗剤、または抗コリン薬などは持ち運びしやすいので、安心につながりやすいですね。

胸腔鏡下交感神経節遮断術によって確実に汗を止める方法もありますが、手汗を止める手術はやり直しがきかないうえに確実に後遺症が出るため、リスクを承知して臨む必要があります。

もし手汗に悩んでいたらオススメしたい制汗剤3選

手汗に悩んでいるものの、どの制汗剤にしたらいいのか悩んでいる方は、とりあえず以下3つの制汗剤を参考にしてみてください。
それぞれ配合されている成分と商品のタイプが違うので自分の手汗レベルや使うシーンに適したアイテムを選ぶようにしましょう。
制汗剤は手術などとは違い、比較的簡単に手汗の悩みから解放されるためおすすめです。

強い制汗作用が欲しい人向け「デトランスα」

手汗に強い制汗効果を表す、塩化アルミニウムを配合したデンマーク製のローションタイプの手汗用制汗剤です。
塩化アルミニウムは強い効果がある反面、肌荒れなどの副作用が起こる可能性も高いため、日本人向きではないという声も。

公式サイトからの購入で初回分が多少安価に購入することができますが、2回目以降は通常価格での購入となり、並行輸入品ということもあって高額になります。

それでも、肌に負担がかかったとしても強い効果を期待したいという方にはオススメの商品と言えます。

初めて制汗剤を使う人向け「CORKL(コルクル)」

手汗に悩んでいる人のための化粧クリームです。
リニューアルをして肌に対してのやさしさを追求した化粧品になりました。

肌への刺激が少ないように使用成分を厳選、サラサラの肌触りを体感できるように作られているため初めて制汗剤を使う人にオススメです。
(肌への優しさを最優先にしているため消臭成分などは撤去されています)

現在はAmazon、楽天、Yahoo!ショッピングでの販売になっています。

気になる時に手汗を止めたい人向け「farine(ファリネ)」

パウダータイプの手汗用制汗剤です。
ネット通販系の制汗剤においてはかなり知名度が高い商品といえます。

有効成分ACHが手のひらの汗腺を塞ぐことで手汗を止めることができるというもの。
パウダータイプなのでベビーパウダーのように使うことが可能です。

効果は1~2時間と短いため、一日のうちで手汗が気になるシーンの直前に使用するぐらいがちょうどいい方にはオススメです。
公式サイトからの購入で30日間の返金保証が得られるメリットがあります。