Pocket

手汗がひどい喫煙者の方は「手汗とタバコは関係あるの?」と疑問に思うことでしょう。
結論から言うと、手汗とタバコは関係あります。

タバコには吸うことで頭がスッキリする興奮作用と、吸うことで気分が落ち着くリラックス作用という相反する二つの効果があり、これが発汗に関係してくるため、当然手汗にも関係してくるわけです。

ではタバコをやめれば手汗が止まるのかというと、そんな簡単なことでもありません。

手汗とタバコの関係についてまとめました。

タバコが発汗を促す理由

タバコにはニコチンという物質が含まれていることは喫煙者のみならず誰でも知っていることです。
ニコチン自体は有毒ではないとする声もありますが、タバコに含まれる量は即座に体に影響を及ぼすほどではないものの、依存させるのには十分だと言われています。

タバコを常習的に吸っているとやめられなくなってしまうのは、このニコチンの依存性によるものなんですね。

ニコチンは自律神経に作用するアセチルコリンと構造がよく似ているため、アセチルコリンと同じように働き、かつ強く作用することがわかっています。
自律神経というのは私達が意識しないところで働いてくれる神経のこと。
寝ている時にも呼吸ができたり、意識せずとも心臓が血液を全身に送ってくれたり、食事をしたら消化をしてくれたりするのは自律神経が正常に働いてくれるおかげです。

また、自律神経は全身の汗腺もコントロールする役割があるため、暑くなれば自然と発汗を促し、かいた汗の蒸発による気化熱で体温を下げるということも行ってくれています。

特に手汗は暑いときだけでなく、緊張したりドキドキしたりする「興奮状態」の時にもかくことがわかっています。
これは精神性発汗といい、自律神経のうち興奮時に優位に立っている「交感神経」が影響しています。

ニコチンが交感神経を刺激?

ニコチンの作用として中枢神経を刺激することで体をシャキッとさせることが挙げられますが、これはつまり体が興奮状態になっているということで交感神経が優位にあると言えますね。
交感神経が優位であるということは手汗をかきやすい状態であるということ。

つまり、タバコを吸うこと自体が手汗を増加させていると考えられてもおかしくありません。

ですが、タバコにはもう一つ「リラックス効果」があることもわかっています。
緊張している状態の時にタバコを吸うことで落ち着いた経験は喫煙者ならだれでもあるのではないでしょうか。

人間がリラックスをしている状態というのは、自律神経の副交感神経が優位に立っている状態です。
ということはタバコを吸うことで副交感神経が刺激されている状態とも言えるわけです。

このようにニコチンは発汗を促すための交感神経を刺激する作用だけでなく、発汗を抑える効果があるともいえる副交感神経の刺激も担っていることになります。

禁煙しても手汗が止まらない理由

ニコチンの厳密な作用はまだ解明されていませんが、上記のように摂取する状況によって交感神経優位にも副交感神経優位にも働くことがあります。
眠い時にタバコを吸えば頭がスッキリしますし、仕事の休憩時間に一服することで気分が落ち着くといった具合です。

これは前述のアセチルコリンとニコチンの構造が似ていることが影響しているのではないかと思われます。
アセチルコリンは神経伝達物質で、交感神経に伝わることでノルアドレナリンとして、副交感神経に伝わることでアセチルコリンとして働くため、興奮状態にもリラックス状態にもどちらにも対応するからです。

しかもニコチンには強い依存があり、アセチルコリンよりも活性が強いということを考えると、たとえ禁煙をしたところで体はニコチンによる副交感神経の刺激を求めるようになってしまい、リラックスできない状態・・・つまり交感神経が優位な状態にたってしまうことも考えられます。

交感神経が優位であれば当然手汗をかきやすい状態ですから、安易に禁煙をしたからといって手汗を止められるわけではないのです。

喫煙者の手汗を止めるには

禁煙によって手汗が止まらないからといって、喫煙を推奨するわけではありません。
やはり体に良くないことに違いはありませんし、あまりにヘビースモーカーになってしまえば異常な発汗があってもおかしくないからです。

ですが、逆に突然辞めてしまうことでストレスになるぐらいなら、徐々に減らすとか、少量のタバコを吸いながら手汗を減らしていく方向にもっていくのが望ましいですね。

タバコと手汗の関係は主に精神性発汗によるものなので、薄着をするとかの体温調節で止められるようなものではありません。
リラックス状態を作り出すか、物理的に汗腺を狭めることでしか止められないものです。

物理的に汗腺を狭めるためには半側発汗作用を使うか、手汗用の制汗剤を使うのがよいでしょう。
半側発汗は体の片側を圧迫することで汗腺を狭める作用のことです。
[参考]手汗を止めるのに「二の腕を締め付ける方法」は有効か?

手汗用の制汗剤はあまり知られていませんが、脇汗用とは違う作用があり、塗った個所の汗腺を狭めてくれるものです。
出かける前に塗布するとか、緊張しそうな場面の前に使うことで手汗をかなり抑えてくれる効果があり、オススメです。

もし手汗に悩んでいたらオススメしたい制汗剤3選

手汗に悩んでいるものの、どの制汗剤にしたらいいのか悩んでいる方は、とりあえず以下3つの制汗剤を参考にしてみてください。
それぞれ配合されている成分と商品のタイプが違うので自分の手汗レベルや使うシーンに適したアイテムを選ぶようにしましょう。
制汗剤は手術などとは違い、比較的簡単に手汗の悩みから解放されるためおすすめです。

強い制汗作用が欲しい人向け「デトランスα」

手汗に強い制汗効果を表す、塩化アルミニウムを配合したデンマーク製のローションタイプの手汗用制汗剤です。
塩化アルミニウムは強い効果がある反面、肌荒れなどの副作用が起こる可能性も高いため、日本人向きではないという声も。

公式サイトからの購入で初回分が多少安価に購入することができますが、2回目以降は通常価格での購入となり、並行輸入品ということもあって高額になります。

それでも、肌に負担がかかったとしても強い効果を期待したいという方にはオススメの商品と言えます。

初めて制汗剤を使う人向け「CORKL(コルクル)」

手汗に悩んでいる人のための化粧クリームです。
リニューアルをして肌に対してのやさしさを追求した化粧品になりました。

肌への刺激が少ないように使用成分を厳選、サラサラの肌触りを体感できるように作られているため初めて制汗剤を使う人にオススメです。
(肌への優しさを最優先にしているため消臭成分などは撤去されています)

現在はAmazon、楽天、Yahoo!ショッピングでの販売になっています。

気になる時に手汗を止めたい人向け「farine(ファリネ)」

パウダータイプの手汗用制汗剤です。
ネット通販系の制汗剤においてはかなり知名度が高い商品といえます。

有効成分ACHが手のひらの汗腺を塞ぐことで手汗を止めることができるというもの。
パウダータイプなのでベビーパウダーのように使うことが可能です。

効果は1~2時間と短いため、一日のうちで手汗が気になるシーンの直前に使用するぐらいがちょうどいい方にはオススメです。
公式サイトからの購入で30日間の返金保証が得られるメリットがあります。