Pocket

手汗に悩んでいる方ならば、ドライオニックという商品の名前を聞いたことがあるかもしれません。
いったいドライオニックとはどんな商品なのか。
商品概要、口コミなどをまとめたので参考にしてみてください。

ドライオニックとは

ドライオニックの商品タイプ、概要については以下のとおり。

どんなタイプの商品か

ドライオニックは日本皮膚科学会も認める手汗の治療法のイオントフォレーシスを自宅で行えるようにした機械です。
アメリカのジェネラルメディカル社が販売しており、日本ではドライオニックジャパンが輸入代理店となっています。

商品の概要

ドライオニックをドライオニックジャパンから購入した際の商品概要は以下。

  • ドライオニック(手・足用)本体2台セット
  • フェルトパット4枚
  • アルミプレート4枚
  • 純正電池4個
  • 日本語説明書
  • 日本9V電池仕様パーツ2個
  • パーツ取付、使用説明書

本体がなぜ2つセットなのかというと、1つが片手用なので、同時に両手で使用できるようになっているんですね。
これに消耗品のフェルトパット、アルミプレート、純正電池がセットになって販売されています。

この純正電池なんですが、日本では入手が困難で、都度アメリカから取り寄せるとかなり高額になってしまいます。
そこで、ドライオニックジャパンでは日本向けに9Vの角電池で使えるようにする簡易的なパーツをつけたセットの販売も行われています。

また、英語が苦手な方のために日本語説明書もつけてくれるのがありがたいですね。

ドライオニック自体は副作用がない手汗治療法と言われていますが、流れる電流の強さによっては手がピリピリしたり、赤く腫れてしまったり、ブツブツが出来てしまうという報告もあります。
電流の強さは商品のダイヤルで調整が可能なので、自身で使用できるレベルを判断する必要があります。

効果の持続性

イオントフォレーシスの効果は人それぞれですが、3日~数日はもつと言われています。
根本の治療となるわけではないので、効果が切れた場合には都度施術を行う必要があります。

これはドライオニックに限った話ではありません。
通常のイオントフォレーシス治療だったとしても同じです。

使用方法

ドライオニックの使用方法は以下の通り。

まず本体のアルミプレート上にフェルトパットを置き、本体に水を注ぎ入れます。
次に、本体にあるダイヤルで電流の強さを設定し、手のひらを水に浸します。
この状態で30分程度経ったら終了。

手のひらの汗腺が塞がれることで、手汗が出ないようになります。
手汗が出なくなるようになるまで毎日続け、手汗が止まったらドライオニックの使用も止めます。

数日後に効果が切れたらまた使用するというのを繰り返すことで徐々に持続期間が延びていくと言われています。

キャンペーン

ドライオニックは特にキャンペーンが行われておりません。
商品の特徴からは「一度買えばずっと使えるためコスパがいい」と感じるかもしれませんが、フェルトパットや電池といった消耗品の買い足しが常に必要になる点には注意が必要です。

また他の商品や施術法とは異なり、毎週必ず30分程度はこの治療に時間を取られるという点も考慮する必要がありますね。

運営会社のドライオニックジャパンは日本国内にドライオニックの購入を助ける代理店です。
日本の会社だからといって、日本で製造販売しているわけではなく、あくまで海外からの直送に対しての保証などを担当している会社ということになります。

効果についての評判

ドライオニックの効果についての評判は以下のようなものがありました。

  • 塩化アルミニウムで効果がなかったのに、ドライオニックを使ったら手汗が止まった
  • 医師に手術を勧められたが高額だったので、より安価なドライオニックで治療ができるのは助かる
  • 毎回30分程度の時間を取られるのが苦痛
  • 電流は微弱とはいえピリピリして痛みを感じる
  • 手のひらの汗は止まったが、指先の汗が止まらない

概ね、効果についての評判は良かったものの、使い続けていくうちに30分の施術が面倒に感じてきてしまう、という意見が多かったです。
また、中には効果がないという方もいないわけではありませんでしたので、あくまで効果に関しては個人差があるといえそうです。

絶対に公式で購入したほうがいい理由

ドライオニックはジェネラルメディカル社の公式サイトでも販売があります。
その場合、確かに価格は$200程度と安価なのですが、購入に際しての保証などが不明です。

過去には不着のトラブルもあったそうです。

ドライオニックジャパンを通じて購入すると高額になってしまうものの、日本語マニュアルや9V電池用パーツがついたりするだけでなく、不着時の保証をしてくれたり、DHL便指定で5日程度で届くなど便利な内容になっています。

Amazonと楽天の価格差は?

ドライオニックはAmazonや楽天での取り扱いがありませんでした。
また日本では市販品も存在せず、通販のみの販売となっています。

ヤフオク!などで出品されていることもあるようですが、あくまでユーズド品であることを理解しておく必要があるでしょう。

公式でしかないメリット(※要確認)

公式でのメリットは、きちんと購入することができるのなら安価に済ませられる点です。
ただし配送方法については通常の配送方法を選択することで到着まで1ヵ月程度かかる可能性があることも覚悟しておく必要があります。

ドライオニックジャパンでの購入メリットは前述のとおり、日本向けのマニュアルやパーツ、保証などが挙げられます。

こういう人は買うべき

ドライオニックは家庭用イオントフォレーシス機器です。
イオントフォレーシスは日本皮膚科学会も認める手汗治療方法なので、手汗レベルが高い人でない限りは効果が期待できると思われます。
外科手術や薬、制汗剤などに頼りたくない人にはオススメの方法と言えるでしょう。

ただ、毎回30分程度の時間を取られるなど即効性のあるアイテムではないので、即効性を求める方は制汗剤などに頼った方が早いですね。

もし手汗に悩んでいたらオススメしたい制汗剤3選

手汗に悩んでいるものの、どの制汗剤にしたらいいのか悩んでいる方は、とりあえず以下3つの制汗剤を参考にしてみてください。
それぞれ配合されている成分と商品のタイプが違うので自分の手汗レベルや使うシーンに適したアイテムを選ぶようにしましょう。
制汗剤は手術などとは違い、比較的簡単に手汗の悩みから解放されるためおすすめです。

強い制汗作用が欲しい人向け「デトランスα」

手汗に強い制汗効果を表す、塩化アルミニウムを配合したデンマーク製のローションタイプの手汗用制汗剤です。
塩化アルミニウムは強い効果がある反面、肌荒れなどの副作用が起こる可能性も高いため、日本人向きではないという声も。

公式サイトからの購入で初回分が多少安価に購入することができますが、2回目以降は通常価格での購入となり、並行輸入品ということもあって高額になります。

それでも、肌に負担がかかったとしても強い効果を期待したいという方にはオススメの商品と言えます。

初めて制汗剤を使う人向け「CORKL(コルクル)」

手汗に悩んでいる人のための化粧クリームです。
リニューアルをして肌に対してのやさしさを追求した化粧品になりました。

肌への刺激が少ないように使用成分を厳選、サラサラの肌触りを体感できるように作られているため初めて制汗剤を使う人にオススメです。
(肌への優しさを最優先にしているため消臭成分などは撤去されています)

現在はAmazon、楽天、Yahoo!ショッピングでの販売になっています。

気になる時に手汗を止めたい人向け「farine(ファリネ)」

パウダータイプの手汗用制汗剤です。
ネット通販系の制汗剤においてはかなり知名度が高い商品といえます。

有効成分ACHが手のひらの汗腺を塞ぐことで手汗を止めることができるというもの。
パウダータイプなのでベビーパウダーのように使うことが可能です。

効果は1~2時間と短いため、一日のうちで手汗が気になるシーンの直前に使用するぐらいがちょうどいい方にはオススメです。
公式サイトからの購入で30日間の返金保証が得られるメリットがあります。