Pocket

手汗の悩みを抱えていて、オドレミンという制汗グッズと出会った方、聞きなれない商品名なので効果があるのか気になりますよね。

そこでオドレミンの効果や成分、価格などについて調べてみました。

オドレミンとは

オドレミンとはいったいどのような制汗グッズなのでしょうか。

どんなタイプの商品か

オドレミンはリキッドタイプの手汗用制汗剤です。
手汗対策だけでなく脇汗や足汗にも効果がある汗対策商品です。

商品の成分

オドレミンに含まれる成分は以下の通り。

  • 塩化アルミニウム
  • グリセリン

なんと成分はたったの3つのみ。
手汗は緊張した時にかく精神性発汗で、主に手のひらのエクリン線から汗が分泌されます。
塩化アルミニウム液は手のひらのエクリン線にある汗管細胞に作用し、汗腺を収れんさせてくれることから手汗用制汗剤によく陥られています。

塩化アルミニウム自体は肌への副作用が報告されているため、体質に合わない方にはかゆみやかぶれといった症状がでてしまう可能性があります。
その他の成分は人間の体内にも普通に存在しているものですし、特に副作用を気にしなければならないということはありません。

ただし、脇汗用や足汗用に使えるものですが、顔への塗布は禁止されています。

効果の持続性

オドレミンの制汗効果は塗布後約2日程度と言われていますが、個人差があるので目安程度に考えた方がいいですね。
塗布した翌日の朝から効き目が表れ始めるため、制汗作用の即効性は期待できません。
汗をかいてから慌てて塗っても意味がない制汗剤ともいえます。

使うタイミング・使い方

毎晩のお風呂上りで清潔な時に塗布するのが基本です。

使用方法は瓶をよく振ってから片手あたり2~3滴を目安に手のひらに塗り込みよく乾かします
(脇汗対策なら脇の下、足汗対策なら足の裏に塗ります)

制汗力をチェックするためにも最初のうちは毎晩塗り、効果が出始めてきたら2日1回など感覚をあけていくようにします。

キャンペーン

オドレミンは他の制汗剤と違って、公式サイト、公式ページでの商品キャンペーンを行っていません。
塩化アルミニウム配合の制汗剤なので肌に合わない方はトラブルが起きやすく、返金保証がない商品は不安に感じるでしょう。

それでも商品単価が他の手汗用制汗剤と比べても圧倒的に安く、キャンペーンがなくとも試しやすいアイテムとも言えますね。

オドレミンは有限会社皮膚薬化学研究所が製造し、日邦薬品工業株式会社が販売をしています。

日邦薬品工業株式会社は1950年に創立の歴史ある会社。
他の手汗用制汗剤の会社同様に、手汗の制汗剤を主に扱う会社というわけではなく、ほかの事業展開もされている会社さんです。

医薬部外品であるオドレミンを販売している以上、厚生労働省の厳しい審査に通っている会社ということになるので信頼して問題ないでしょう。

効果についての評判

オドレミンの効果について、Amazonのレビューではおおむね以下のような口コミがあったので参考にしてみてください。

  • 重度の多汗症で、使用後にも汗が完全に止まることはなかった
  • 消臭力もあるので脇汗対策に使っているが、衣類の汗ジミやワキガの臭いの悩みはなくなった
  • 愛用者ですが、使用後に肌がカサついたり突っ張ったりする
  • ピリピリしたり、かゆみが起こる
  • 製品自体のニオイがキツイ
  • 液体がこぼれやすい
  • 市販のデオドラント商品に比べて大分汗が抑えられる

製品の評価自体は星4つと5つが全体の2/3を占めるなど制汗効果や体臭に対しての消臭効果はなかなか肯定的な意見が多い中、特に汗かきの方からは「止まらない」という酷評を受けており、また手汗が止まったという方もかゆみやピリピリした感じを訴えているのが気になります。

Amazonでは手汗よりもワキ汗グッズとして使っている方の方が多かったですね。

効果については個人差があるものなので、手汗レベルが低い方向けなのは間違いなさそうですね。
効いたとしても塗りすぎてしまうと副作用のおそれがありますので、塗布量を調節しながら使っていきたいところです。

絶対に公式で購入したほうがいい理由

オドレミンを公式から購入した方がいい理由は、特にありません。
メーカー直販サイトにてメーカー小売希望価格+送料で売られていますが、特にキャンペーンなどは行われていません。

商品自体に不備があった場合でも8日以内の返品処理をしなければ返品を受け付けてもらえません。
価格が価格なだけに、自分に合わなかったら諦めると決めて、普段買いなれたショップで購入するのが良いかもしれませんね。
トラブルがあった時も普段慣れている販売店の方がスムーズです。

まとめ

オドレミンは塩化アルミニウム配合の手汗用制汗剤なので、ほかの塩化アルミニウム液同様に副作用の心配よりも手汗を止めたい方や、手汗レベルが比較的軽度な方におすすめの手汗用制汗剤と言えますね。

返金保証がないかわりに格安で入手できるものなので、お試しにも良いですし、もし使ってみて自分に合った場合には安価に買い続けられるのでラッキーです。

もし手汗に悩んでいたらオススメしたい制汗剤3選

手汗に悩んでいるものの、どの制汗剤にしたらいいのか悩んでいる方は、とりあえず以下3つの制汗剤を参考にしてみてください。
それぞれ配合されている成分と商品のタイプが違うので自分の手汗レベルや使うシーンに適したアイテムを選ぶようにしましょう。
制汗剤は手術などとは違い、比較的簡単に手汗の悩みから解放されるためおすすめです。

強い制汗作用が欲しい人向け「デトランスα」

手汗に強い制汗効果を表す、塩化アルミニウムを配合したデンマーク製のローションタイプの手汗用制汗剤です。
塩化アルミニウムは強い効果がある反面、肌荒れなどの副作用が起こる可能性も高いため、日本人向きではないという声も。

公式サイトからの購入で初回分が多少安価に購入することができますが、2回目以降は通常価格での購入となり、並行輸入品ということもあって高額になります。

それでも、肌に負担がかかったとしても強い効果を期待したいという方にはオススメの商品と言えます。

初めて制汗剤を使う人向け「CORKL(コルクル)」

手汗に悩んでいる人のための化粧クリームです。
リニューアルをして肌に対してのやさしさを追求した化粧品になりました。

肌への刺激が少ないように使用成分を厳選、サラサラの肌触りを体感できるように作られているため初めて制汗剤を使う人にオススメです。
(肌への優しさを最優先にしているため消臭成分などは撤去されています)

現在はAmazon、楽天、Yahoo!ショッピングでの販売になっています。

気になる時に手汗を止めたい人向け「farine(ファリネ)」

パウダータイプの手汗用制汗剤です。
ネット通販系の制汗剤においてはかなり知名度が高い商品といえます。

有効成分ACHが手のひらの汗腺を塞ぐことで手汗を止めることができるというもの。
パウダータイプなのでベビーパウダーのように使うことが可能です。

効果は1~2時間と短いため、一日のうちで手汗が気になるシーンの直前に使用するぐらいがちょうどいい方にはオススメです。
公式サイトからの購入で30日間の返金保証が得られるメリットがあります。