Pocket

本気で手汗の悩みを抱えている方は海外製の制汗剤を使う方法も選択肢にあがってくると思います。
そんな時にデトランスαという商品も候補にあがるでしょう。
デトランスαのおすすめポイントや、汗止め効果、使い方、買い方についてまとめました。

デトランスαとは

デトランスαはいったいどのような手汗対策グッズなのでしょうか。
商品タイプや効果は以下の通りです。

どんなタイプの商品か

デトランスαは医療先進国デンマーク発の最先端デオドラント
ローションタイプの制汗剤(医薬品)です。

もともとはワキガの臭い対策用に作られたロールオンタイプの制汗グッズでしたが、ワキ用だけでなく手汗・足用としても発売されました。

パースピレックスとの違い

デトランスαについて調べていると「パースピレックス」という商品にたどり着くことがあります。
人によってはデトランスαをオーダーしたのにパースピレックスが届いたと驚いている方もいました。

結論から言うと、デトランスαとパースピレックスは同じ商品です。
パースピレックスが類似品や偽物というわけではありません。

もともとデンマークで開発された時にはパースピレックスという名前で販売されていたものが、日本に輸入する際に代理店がデトランスαという名前をつけただけなんですね。
こういったことは宗教的な問題や商標の問題、あとは「日本人に馴染みやすい名前か否か」などによって、いろいろな商品で見受けられます。

日本の正規代理店を通した場合、名称だけではなく価格も現地とは違ってきます。
その分保証やアフターサービスがしっかりしていることが多いです。

商品の成分

デトランスαに含まれる成分はたったの3つ。

  • アルコールデナ
  • アルミニウムクロリッド
  • PEG-12ジメチコーン

この中で汗を抑える有効成分となっているのは「アルミニウムクロリッド」。
日本語に直すと「塩化アルミニウム」です。

塩化アルミニウムは手汗の原因となるエクリン汗腺を収れんさせる効果効能があり、通常は病院などで処方してもらえるものです。
デトランスαは塩化アルミニウムをアルコールデナ(エタノール)、PEG-12ジメチコーン(シリコーン)で使いやすくした商品ということになりますね。

塩化アルミニウム液は強力な制汗作用があるため、濃度が高い場合に副作用などの危険性が報告されています。
デトランスαは副作用があらわれにくいように塩化アルミニウム濃度を抑えているということですが、日本人の肌向けに開発されたわけではない海外製品であるという点を考慮して慎重に選びたいところです。
敏感肌の方は特に注意しましょう。

効果の持続性

デトランスαは即効性のある制汗剤ではありません。
前日の夜に塗っておいて、翌日以降に効果が表れるものです。

持続性は手汗レベルによって個人差がありますが、だいたい塗ってから1日~3日は汗が抑えられます。
使い続けることで持続性も伸びていくため、使い始めは毎晩使って、翌週は週に4回程度など、徐々に使用頻度をあけていくことが推奨されています。

塗るタイミング・使い方

デトランスαは「いつ使ってもよい」という他の制汗商品と異なり、説明書にて正しい使用方法が指定されています。
塗り方を間違える(朝塗るなどする)と効果がありません。

夜寝る前、お風呂上がりで手のひらが清潔な時に手のひらに塗り込み、よく乾かしてから就寝。
翌朝起きたら塗った部分を濡れタオルなどでしっかり拭き取ればOKです。
(足裏や脇に塗った場合も同様です)

夜寝ている間に浸透しているため、朝に塗りなおす必要などはなく、次の日にはサラサラ状態が続きます。
仕事中に塗りなおすなどの心配がないのはうれしいですね。

塗る時に手のひらが濡れていないことと、乾かすときには自然乾燥をすることがポイント。
塗ったあとでドライヤーを使ってしまうと浸透前に成分が乾いてしまい、効果が得られない可能性があります。

わきがに効くのか?

手汗と直接関係はありませんが、手足用のデトランスαがわきがにも効果があるのか気になっている方もいると思います。
もともとがワキガ用の制汗剤であることを考えても効果がありそうですよね。

メーカー非推奨ではありますが、デトランスαは強い制汗作用を持つ商品なので、脇汗もしっかりと止めることが可能です。
脇の汗を止められることでワキガへの効果も期待できます。

また、腋用にはさらに強力な種類のデトランスαストロングという商品も発売されています。

キャンペーン

1本で約40日分の量であることを考えても、初回購入時の値段は他の制汗商品に比べてかなり安価であると言えます。

ただし、これは初回のみのお試し価格であって、二回目以降も普通に使っていこうと考えると毎回かなりの価格がかかることになり、結果的に他の制汗剤と比べると高価になります。

デトランスαを日本で販売しているのはYOU UPという香港の会社ですが、商品を開発しているのはデンマークのRiemannという会社です。
Riemann社のPerspirexという制汗商品を日本ではデトランスαという名称で販売しているのですね。

Perspirex自体は世界中で30年の販売実績を持つ制汗商品なので信頼して問題ないでしょう。

テサランやファリネ、コルクルとの比較

デトランスαと他の手汗用制汗剤を簡単に比較してみました。

デトランスα テサラン ファリネ コルクル
代表的な成分 アルミニウムクロリッド クロルヒドロキシアルミニウム、イソプロピルメチルフェノール クロルヒドロキシアルミニウム、酸化亜鉛 フェノールスルホン酸亜鉛、シメン-5-オール
持続効果 1~3日 最大72時間 1~2時間 数時間

デトランスαの代表的な制汗成分はアルミニウムクロリッド、つまり塩化アルミニウムですね。
他の人気の制汗剤だとクロルヒドロキシアルミニウムなどやや軽めの制汗成分が含まれていますが、デトランスαは海外製品なだけあって効果の出やすい塩化アルミニウムそのものが使われている点が違います。

また、他の制汗剤のようにその他の成分が入っていない点も潔さを感じます。

持続性に関しては割と長めですね。
デトランスαは即効性がないかわりに、持続してくれるアイテムと考えて良さそうです。

価格は単純に定価だけでは比較できませんが、これらの商品の中では最安値になっています。

デトランスαの評判や口コミ

効果があったという口コミ

デトランスαは口コミまとめサイトである@cosmeに載っているレビューでも人気で、概ね良い評価ばかりです。
特に制汗効果に関しては「他の制汗剤がダメでもこれは効く」という感想が多く、制汗力の高さを物語っています。

やっぱり海外製であることや塩化アルミニウムを使用している点が効果に繋がっているのではないでしょうか。

効果がないという口コミ

逆に「効果がなかった」という口コミはほとんどなかったように思います。
効かない人のレビューを見ても、使い方を間違えていたとか、即効性を期待していたというものが多いですね。

ただし、多くの方が「皮膚がカサカサになる」「かゆみを感じる」というデメリットを挙げているのも事実です。
人によってはかゆいを通り越して「痛い」と感じることもあるそうです。

汗そのものを止めてしまうため、皮膚の水分が必要以上になくなってしまうのは避けられず、乾燥肌の女性にとっては問題となるかもしれません。
それでも手が汗でびちょびちょな状態よりはマシと、喜んで使っている方が多い印象です。

また、かゆみに関しては塩化アルミニウムの副作用である可能性と、エタノールによるアルコールのアレルギー反応による可能性が考えられます。
「最初は慣れるまでかゆい」と、かゆみを我慢するように示唆する声もありますが、アレルギー反応は急に強くでることもありますので必ず医師に相談のうえで使用するようにしましょう。

輸入代理店でしか購入できない

デトランスαは日本に正規輸入されていないアイテムです。
そのためデトランスαは日本のamazonや楽天、一般のドラッグストアなどで市販品の店舗販売はありません。

ではどこで買えるのかというと、基本的には個人輸入をしている通販サイトなどからの購入となります。
(ただし、価格ドットコムではパースピレックスとしてのヤフーショッピングの販売リンクがありました)

輸入代理店であるユーアップの公式ページ通販で購入する場合にも海外からの発送です。

通販での購入になりますが、外箱から手汗用制汗剤であることがばれるような仕様にはなっていないので安心です。

一時期販売中止になった

デトランスαについて調べていると、「販売中止で買えない」という情報を見かけるかもしれません。
こういった商品で販売中止と聞くと、何か副作用で悪い問題が起きて生産中止になったんじゃないかと心配になりますよね。

実際には取り扱っている工場が水害にあい、潤沢な提供ができなくなってしまったことが原因で日本の輸入代理店がショップを閉じてしまったというのが正しいようです。

水害などの天災は避けることができませんが、使っている立場からすると急に買えなくなってしまうのは困りものですね。
現在は輸入代理店のショップも復活していて普通に買えるようになっています。

もしも効果がなかった場合の解約方法

デトランスαに効果がなかった場合、途中で解約はできるのでしょうか。
そもそもコース販売ではないので、解約ではなく返品・返金ですね。

販売店の公式サイトには以下の注意書きがありました。

※肌に合わなかった、体質に合わなかったという場合も返品等の対応はいたしかねますので十分ご理解ください。
※万一商品がご注文と違っていた場合や、不良品が届いた場合は一度お受取りいただいた上で10日以内にご連絡ください。
再送させていただきます。(ただし商品未開封に限ります

海外直接発送商品であるため、クーリングオフなどが適用されないとのこと。
そのため、効果がなかったり体に合わなかったりしても返品には応じてもらえません。
商品が違った場合や不良品だった場合のみ返品可能見たいです。

ある程度の覚悟をもってオーダーをする必要がありますね。

まとめ

デトランスαは総合的に見ると価格も高いですし、副作用などの安全面でも不安が残る商品です。
ただ、その分効果は強くでるため、「これでダメだったらETS手術をしよう」という最後の切り札としての治療薬的な立ち位置で使うのがおすすめといえるでしょう。