Pocket

手汗の病気、手掌多汗症の悩みにおいて口コミ評価の高い人気の対策方法にプロバンサインを使った治療法が挙げられます。
プロバンサインとはいったいどういうもので、どんな作用があるのかをまとめました。

プロバンサインとは

プロバンサインはアメリカのファイザー製薬が開発した多汗症の薬です。
男性女性関係なく使うことができ、全身の汗を止めてくれる作用があります。

日本で唯一多汗症の治療薬として認められている医薬品で、通称抗コリン剤と言われている商品ですね。

人間が汗をかく時には自律神経が発汗を促しているわけですが、その時に神経伝達物質のアセチルコリンが分泌されます。
これがアセチルコリン受容体というレセプターと結合することで実際に汗が分泌されるという仕組みになっています。

プロバンサインの有効成分であるプロパンテリン臭化物という物質がアセチルコリンとレセプターの結合を防ぐ作用(抗コリン作用)を持っているため、結果的に発汗を抑えることができるようになっています。

全身の発汗を抑える薬なので、手汗だけに限らず足汗や脇汗、顔汗にも効果があります。

同じようなプロパンテリン臭化物を含む内服薬にプロスパスというものもあります。
逆に多汗症改善サプリのアセッパーは同じく経口摂取する錠剤ですがあくまでサプリメントであり、プロパンテリン臭化物を含んでいません。

メリット

プロバンサインを利用するメリットは、何と言ってもその即効性ではないでしょうか。
服用してから早い人なら30分程度で滝汗状態でもピタッと止まるため、プロバンサインのおかげで人生変わったという人までいるほどのアイテムです。
効果自体は4~6時間(体質によって個人差あり)なので、人によっては1日1錠だけの使用でも乗り切れる効き目です。
(使用方法によれば、1日に服用してよい量は4錠までとなっています。)

また、実際には服用せずとも、すぐに効果が出始めることから「これを持っていればいつ汗が出ても安心」という精神安定的な作用もあり、自分に自信が出ることから仕事中などに緊張や興奮が原因で発汗してしまう精神性発汗に対しての間接的な効果もあると言われています。

医薬部外品の制汗剤と違ってプロバンサインは医薬品なので、手汗レベルが高い人でも効果を見込めるため、手術によって手汗を止めようと思っている方もまずは医師に相談してプロバンサインから試してみるというのもおすすめです。

デメリット

 

デメリットとしては汗そのものを止めてしまう薬という点から、水分に関する身体の他のトラブルが挙げられます。
一番に挙げられるのは目や口、喉の渇きや排尿障害、便通が悪くなることです。
いずれも水分を多く摂取することで軽減できる副作用です。

また、発汗は体温を下げる役割があることから、汗をかけなくなることで火照りを感じることもあります。
他にも頭痛、眠気、動悸などを感じる可能性も。

こうした体に現れる副作用以外にも、日本においては入手が困難であるという点もデメリットとして挙げられるでしょう。

ちなみに一部の体験談には「空腹時に飲まないと効果がない」というものもありますが、特に公式見解でもそういった記述はありませんので食事の後で服用しても問題ありません。
ただ、空腹時の方が効き目があったという人もいることから、そういう傾向があるのかもしれませんね。

入手方法

プロバンサインは残念ながら日本では市販品としての購入ができません。
ではどのようにして入手すればよいのでしょうか。

お医者さんからの処方のみ

一番正規的な入手方法はお医者さんから処方してもらうことです。
皮膚科などを受診して多汗症であることが認められ、主治医の判断で抗コリン薬による治療が行われるようになれば処方箋を出してもらえます。

この場合、医療保険が適用されますので、実質の負担を少なくプロバンサインを入手することが可能です。

ただし、医師によっては内服薬での治療をあまり認めてくれなかったり、そもそも多汗症を一つの病気の症状として考えてくれないような人がいることもあり、ハードルが高い方法とも言われています。

個人輸入も可能なもののお医者さんにまずは相談

医療機関以外でも海外からネット通販を利用して個人輸入することでの入手も可能です。
この場合には医師の処方箋は必要ありませんので、入手は簡単です。

ただし日本の医療保険が適用されないことや、海外からの送料が高いことからも、かなり割高な値段になってしまう点に注意しましょう。
英語が苦手だからと個人輸入代行を使えばさらに高額な費用がかかることになります。

また、いくら簡単に購入できる、危険性の低いアイテムといっても内服薬です。
一旦は病院にて医師の判断を仰いでおいた方が安心といえるでしょう。

どんな人に有効か

プロバンサインは多汗症として病院にかかるレベルで悩んでいる人は一度考慮してもよい治療方法だと言えるでしょう。
また、制汗剤に含まれる塩化アルミニウム水溶液によって肌が荒れてしまうような人にも比較的安全性の高いプロバンサインはオススメといえます。