Pocket

手汗用の制汗剤を探していると必ず目につくのが「塩化アルミニウム」です。
刺激性の高い成分である代わりに、高い制汗効果があると評判ですが、これも効かない人がいるのが現状です。

塩化アルミニウムが効かない場合、または使えない場合についてまとめました。

塩化アルミニウムが効かない場合

塩化アルミニウムが効かないという例を以下に挙げます。

最初から効果がない

塩化アルミニウムの効き方には個人差があります。
そのため、最初から全く効果を得られなかったという方がいたとしても不思議ではありません。

もし、正しい使い方をしているのにも関わらず効果が得られなかった場合には、長く使い続けるのではなく他の方法を試してみることをオススメします。

慣れで効かなくなる

最初は効果が見込めたものの、そのうち体が慣れてしまって効果を得られなくなるというパターンも考えられます。
これは塩化アルミニウムに限った話ではなく、市販の頭痛薬などでも起こり得ると言われています。

ただ、塩化アルミニウムの作用は皮膚表面のケラチンというたんぱく質を溶かして汗腺を塞ぐというものなので、慣れで効果がなくなるためには「塩化アルミニウムとケラチンが反応しなくなる」または「汗腺を塞げなくなる」といった体の進化が必要であることを考えると、何らかの原因で発汗量が増えることで「効かなくなった」と感じているだけなのかもしれません。

使い方を間違っている

塩化アルミニウムは浸透するまでにある程度の時間がかかると言われています。
基本的には夜寝る前にしっかりと手を洗い、手がべた付くほどに塩化アルミニウム水溶液を塗布して、翌朝に洗い流すという使い方です。

寝ている間には副交感神経が優位にたっているため、精神性発汗が起こりづらく、手汗が出ません。
そのため、塗布した塩化アルミニウムが流れ出ないというのがその理由だそうです。

中には化粧水などを付けた手で塩化アルミニウムを使用したところ、全く効果を得られなかったという方もいます。
ただし、塩化アルミニウムが汗腺を防ぐためには手のひらの汗と結合する必要があるので、必ずしも手のひらに汗がない状態が望ましいかは微妙なところです。

塩化アルミニウムの使い方としては、「朝出かける前に塗ってはいけない」ということはありませんが、もし効果がないと思っている場合は推奨される「就寝前の塗布」を心がけるようにしてみましょう。

塩化アルミニウム液が劣化している

塩化アルミニウム液も日光にあたることで劣化するという特徴があります。
保存状態が悪かった塩化アルミニウム水溶液であれば、劣化し、効果が落ちている可能性も考えられます。

手掌多汗症には効果がない?

そもそも、軽度な手汗に対しては絶大な効果が見込めるアイテムと言われていますが、重度の手掌多汗症に対しては効果が得られないという意見が多いです。
あまりに手汗が激しい場合には効かないと考えた方がいいかもしれません。

その場合には皮膚科の医師などの診察を受け、適切な多汗症治療をしていくことがオススメです。

塩化アルミニウムで「治す」ことはできない

手汗で悩んでいる方は、手汗を根本的からなくしたいと思っている方が多いと思います。
残念なことに塩化アルミニウムで行えるのは、一時的に手汗を止めることだけです。
根本から治すことはできないと思った方がいいでしょう。

ただし、手汗は精神性発汗であることが多く、塩化アルミニウムによって手汗が出ない状態を作りつづけることで「手汗がない状態」に慣れ、そのまま手汗が少なくなるということは十分に考えられます。

副作用がひどくて使えない場合

前述のとおり、塩化アルミニウムは皮膚のケラチンを溶かして汗腺に蓋をするため、肌にはそれなりのダメージを与えます。
もし、敏感肌の方であれば、皮膚にかゆみや痛みを覚えるのは仕方ありません。

場合によっては湿疹が出来てしまったり、アレルギー反応が出ることも考えられますので、もし少しでもかゆいと感じるようなことがあれば使用を控えるのが賢明でしょう。

そうでなくとも、効果が出たタイミングでいったん使うのをやめて、また効果がなくなったら使うようにするというのが正しい使い方です。

塩化アルミニウムを含まない制汗剤

塩化アルミニウムを含む制汗剤は、オドレミンやAHCフォルテ、デトランスαなどです。
これらはどれも強い制汗作用があるものとして有名です。

逆に塩化アルミニウムを含まない制汗剤はコルクル、ファリネ、テサランなどです。
ユーザーの意見として「制汗効果よりも安全性」を求められ、開発されているといった背景もあるものですね。

これらは塩化アルミニウムを含まない制汗剤といってもポリ塩化アルミニウムなどの制汗成分は含んでいるため、重度の手掌多汗症患者でなければ十分な制汗効果が期待できるものです。