Pocket


手汗の悩みはあるものの、手術に頼るのはイヤ。
手軽に飲むだけで改善できるサプリメントで手汗を抑えることはできないものでしょうか。

手汗用サプリは存在する

結論から言うと、手汗用のサプリメントというものは存在しています。
ですので、「手軽に飲むだけという手汗改善策はある」ということを意味しています。

ただし、「飲んだらたちまち手汗が止まる」と考えているのであれば、期待外れのアイテムとなるでしょう。
まずはそもそもサプリメントがどういった物なのかを知らなければなりません。

サプリメントは健康食品

サプリメントはその形状から内服薬と混同してしまう人もいると思います。
たしかに粒状で水などと一緒に飲むことを考えると薬を飲んでいる感覚になるのも納得できます。

ですが、サプリメントはあくまで「栄養補助食品」という立ち位置にあります。
つまり健康食品なんですね。

栄養補助食品というのはその名の通り、普段の食事の摂取では不足してしまう栄養素を補うための食品ということです。
薬のように患部に直接ないし間接的に作用するような効果を持ち合わせているわけではありません。

たとえば女性ホルモンが足りないような人が女性ホルモン様作用を持つ大豆イソフラボンを摂取するためにサプリメントを使うというイメージです。

あくまで健康食品ですから、ドラッグストアやスーパーなどで手軽に買える反面、医療保険の適用になるようなものではありません。

サプリメントには即効性がない

そういう立ち位置にあることからわかるとおり、サプリメントに手汗を止める即効性はありません。
上にも書いた通り、手汗が溢れてきた時にサプリを摂取したからといって、すぐに汗が止まるということは基本的には期待できないわけです。

もちろん「病は気から」という言葉もある通り、サプリメントを持ち歩いて「これを持っていれば安心」と思いこむことで汗を抑える効果に繋がることも考えられます。
ですが、サプリメントの成分としては手汗を物理的に分泌されなくするようなものは入っていない点には注意が必要です。

手汗用サプリメントの効果、働き

それでは手汗用のサプリメントはどういった働きを期待できるものなのでしょうか。
それを知るためにはまず手汗をかいてしまう理由を知る必要があります。

手汗は自律神経がコントロール

手汗は手のひらにあるエクリン腺という汗腺(汗を分泌する器官)から分泌されます。
この汗腺というのは体中に分布しており、特に手のひらには多く存在しているもの。

汗腺から汗を分泌させるかどうかは交感神経という自律神経がコントロールしています。
交感神経は体が興奮した時に活発になるもので、私たちが意図的に動かすことができません。

緊張したり、ドキドキしたりすると勝手に交感神経が優位に働くようになり、手のひらに汗をかかせることになるわけです。
逆にリラックスしている時には副交感神経が優位になっている状態にあり、基本的には手汗をかくことはありません。

ただし、この自律神経は様々な要因によってそのバランスが乱れやすくなります。
もし自律神経のバランスが乱れてしまうと、リラックスしているような時でも手汗をかいてしまうことにもつながってきます。

そこで、手汗を抑えるために自律神経バランスを整えることが必要になってくるのです。

自律神経を整えるサプリメント

自律神経というのは血液とも深いつながりがあります。
汗腺だけでなく、血管の働きもコントロールしている神経だからです。

もし、血管がなんらかの問題によって詰まってしまい、血流が悪くなった場合、自律神経はその不調を正すために必要以上に働かなければなりません。
つまり、血行不良があると自律神経バランスも崩れてしまうということです。

血行を良くするためにはどうすればよいかというと、規則正しい生活、栄養バランスのとれた食事、適度な運動を重ねていくことが必要です。
この「栄養バランスのとれた食事」の部分をサポートするのに、サプリメントがあるわけです。

たとえば血液をサラサラにしてくれる成分や、抗酸化作用のある成分などを含んだサプリメントを摂取することで、普段の食事では整えられない食生活を強化してくれる役割があるんですね。
逆に言えば、サプリメントだけを服用していても早寝早起きをしなかったり運動をしなかったりすれば血行が良くなることはありませんし、サプリメントを数日飲んだぐらいでは人間の体は変わりませんので、即効性のあるものではないということになります。

サプリメントは少なくとも数か月は続けなければ効果がないと言われているのはこういったところにあるわけですね。

サプリメントの副作用

サプリメントを服用しようと思った時に、副作用についても気になると思います。
栄養補助食品であることからもわかる通り、決められた用量を守っていれば基本的には副作用が出る事はありません。
多少摂取しすぎた栄養素は代謝されずに体外へ排出されてしまうからです。

ただし、過去には大量のサプリ摂取によって体調不良を引き起こしたケースもありますので、「早く効果が出て欲しいからたくさん摂取する」などのような無茶をしないようにしましょう。

もし手汗に悩んでいたらオススメしたい制汗剤3選

手汗に悩んでいるものの、どの制汗剤にしたらいいのか悩んでいる方は、とりあえず以下3つの制汗剤を参考にしてみてください。
それぞれ配合されている成分と商品のタイプが違うので自分の手汗レベルや使うシーンに適したアイテムを選ぶようにしましょう。
制汗剤は手術などとは違い、比較的簡単に手汗の悩みから解放されるためおすすめです。

強い制汗作用が欲しい人向け「デトランスα」

手汗に強い制汗効果を表す、塩化アルミニウムを配合したデンマーク製のローションタイプの手汗用制汗剤です。
塩化アルミニウムは強い効果がある反面、肌荒れなどの副作用が起こる可能性も高いため、日本人向きではないという声も。

公式サイトからの購入で初回分が多少安価に購入することができますが、2回目以降は通常価格での購入となり、並行輸入品ということもあって高額になります。

それでも、肌に負担がかかったとしても強い効果を期待したいという方にはオススメの商品と言えます。

初めて制汗剤を使う人向け「CORKL(コルクル)」

手汗に悩んでいる人のための化粧クリームです。
リニューアルをして肌に対してのやさしさを追求した化粧品になりました。

肌への刺激が少ないように使用成分を厳選、サラサラの肌触りを体感できるように作られているため初めて制汗剤を使う人にオススメです。
(肌への優しさを最優先にしているため消臭成分などは撤去されています)

現在はAmazon、楽天、Yahoo!ショッピングでの販売になっています。

気になる時に手汗を止めたい人向け「farine(ファリネ)」

パウダータイプの手汗用制汗剤です。
ネット通販系の制汗剤においてはかなり知名度が高い商品といえます。

有効成分ACHが手のひらの汗腺を塞ぐことで手汗を止めることができるというもの。
パウダータイプなのでベビーパウダーのように使うことが可能です。

効果は1~2時間と短いため、一日のうちで手汗が気になるシーンの直前に使用するぐらいがちょうどいい方にはオススメです。
公式サイトからの購入で30日間の返金保証が得られるメリットがあります。