Pocket

手汗に悩んでいる方なら手汗用のデオドラントが気になっていることでしょう。
デオドラントは本来、汗に限らず体臭を防ぐための商品を指しますが、日本においては汗を抑える作用のある制汗剤と同じ意味で使われています。

なぜデオドラントと制汗剤が同じ意味合いで使われるかというと、においの元になる原因物質が汗にあり、その汗を抑えることでにおいも抑えられることにあるのではないかと思われます。

手汗にはキツイにおいというものが存在しませんが、手汗用のデオドラント(制汗剤)を使うことで手汗を止めることはできるのでしょうか。

手汗用の制汗剤と腋汗用制汗剤の違い

手汗を止めようと思って、腋汗用の制汗剤を手に塗布した経験がある方もいるのではないでしょうか。
実際に体験した方であれば、あまり効果が得られなかったと感じているかもしれませんね。

実は手汗用の制汗剤と腋汗用の制汗剤は中身が違います。
同じく汗を止めるための商品なのですが、部位が違うために効果のでかたも違うわけです。

その理由は殺菌成分と汗腺の違い、皮膚への刺激から説明ができます。

殺菌成分の違い

手汗は腋汗と違ってひどく臭うということがありません。
においを発しているのは皮膚表面にいる常在菌で、この細菌が汗や皮脂を食べ、分解することで臭うようになるわけです。

腋汗の場合には汗を抑える理由の一つににおいを抑えたいことがあることから、細菌を死滅させる殺菌効果が含まれています。
その点、手汗は臭わないことから殺菌成分は要らないわけですね。

汗腺の違い

なぜ手汗が臭わないのかというと、腋の下と汗腺の種類が違うからです。

人間は汗腺という器官から汗を分泌していることから汗をかきます。
汗腺にはエクリン腺とアポクリン腺という2つの種類があり、臭うのはアポクリン腺から分泌される汗なのです。

エクリン腺は体中の至る所に存在しており、特に額や足の裏、手のひらに集中して存在しているもの。
対してアポクリン腺は毛穴と共に存在しており、耳の中、腋の下、乳輪、陰部に見られます。

つまり、手汗を止めたい場合にはエクリン腺に作用する制汗剤でなければならないわけです。

皮膚への刺激の違い

エクリン腺に作用して汗の分泌を止める成分として、塩化アルミニウムが有名です。
塩化アルミニウムはエクリン腺を物理的に狭めて塞いでしまう役割をもっていますが、まだその理由は解明されていません。

塩化アルミニウムにはエクリン腺からの汗を止める効果があるとはいえ、肌への刺激が強いことから敏感な部位である腋の下には積極的に利用できません。
そのため、腋汗用の制汗剤には塩化アルミニウムを含めない、または微量にとどめておくことがあり、これを手のひらに塗布したところでほとんど効果が感じられないことに繋がってくるわけです。

逆に言えば手汗用の制汗剤を塗布した手のひらでデリケートな部分に触れてしまうと、場合によっては炎症などに繋がる危険性も考えられます。

制汗剤の種類と選び方

手汗用の制汗剤にはスプレータイプのもの、クリームタイプのもの、パウダータイプのものがあります。
いずれも汗腺を狭める作用があるものばかりですが、そのテクスチャーの違いによって使うシーンや効果に違いがあります。

スプレータイプの制汗剤

腋汗用の制汗剤がスプレータイプのものが多いため、一番馴染みがあるのがスプレータイプではないでしょうか。
スプレータイプのメリットは手軽に塗布することができること。
手を汚すことがありませんし、シュッと吹くだけで手汗を抑えられるのは便利ですね。

デメリットはクリームタイプに比べての浸透力や持続性が低いことがあげられます。
手汗状況や商品次第では一日に何度も吹き付けなければならないことも考えられます。

ただし、塩化アルミニウムを配合してあるものであれば、常に使用し続けることはあまり好ましくないため、持続性が低いことが必ずしもデメリットだけであるとは言えません。
気になるときだけ使用するということを考えればオススメです。

クリームタイプの制汗剤

クリームタイプの制汗剤であれば、肌への浸透性も高く、持続効果が期待できます。
また、ハンドクリームのように使えるため、人前で使ったとしても違和感がないのもポイントです。

問題はあまりにも多い手汗量の場合に、クリームタイプの制汗剤だと汗がクリームごと手のひらでヌチャヌチャになってしまうことが挙げられます。
そのたびに手を洗わなければならないことはデメリットになるかもしれません。

手汗が極端にひどい場合でなければオススメです。
代表的なものとしてはコルクルが挙げられます。

パウダータイプの制汗剤

制汗剤の中には手のひらにベビーパウダーのように叩くタイプのものもあります。
パウダータイプだと手汗量が多かったとしても多少の吸水性があるため、手のひらでヌチャヌチャになるということが少ない点がメリットです。

ただ、パウダータイプはどうしても手のひらが粉っぽく白い感じになってしまったり、人前で使う時に注目されがちなのがデメリット。
また、クリームと同様あまりにひどい手汗の場合には手のひらでパウダーが固まってしまうこともありえます。

代表的なパウダータイプ制汗剤にはファリネが挙げられます。

もし手汗に悩んでいたらオススメしたい制汗剤3選

手汗に悩んでいるものの、どの制汗剤にしたらいいのか悩んでいる方は、とりあえず以下3つの制汗剤を参考にしてみてください。
それぞれ配合されている成分と商品のタイプが違うので自分の手汗レベルや使うシーンに適したアイテムを選ぶようにしましょう。
制汗剤は手術などとは違い、比較的簡単に手汗の悩みから解放されるためおすすめです。

強い制汗作用が欲しい人向け「デトランスα」

手汗に強い制汗効果を表す、塩化アルミニウムを配合したデンマーク製のローションタイプの手汗用制汗剤です。
塩化アルミニウムは強い効果がある反面、肌荒れなどの副作用が起こる可能性も高いため、日本人向きではないという声も。

公式サイトからの購入で初回分が多少安価に購入することができますが、2回目以降は通常価格での購入となり、並行輸入品ということもあって高額になります。

それでも、肌に負担がかかったとしても強い効果を期待したいという方にはオススメの商品と言えます。

初めて制汗剤を使う人向け「CORKL(コルクル)」

手汗に悩んでいる人のための化粧クリームです。
リニューアルをして肌に対してのやさしさを追求した化粧品になりました。

肌への刺激が少ないように使用成分を厳選、サラサラの肌触りを体感できるように作られているため初めて制汗剤を使う人にオススメです。
(肌への優しさを最優先にしているため消臭成分などは撤去されています)

現在はAmazon、楽天、Yahoo!ショッピングでの販売になっています。

気になる時に手汗を止めたい人向け「farine(ファリネ)」

パウダータイプの手汗用制汗剤です。
ネット通販系の制汗剤においてはかなり知名度が高い商品といえます。

有効成分ACHが手のひらの汗腺を塞ぐことで手汗を止めることができるというもの。
パウダータイプなのでベビーパウダーのように使うことが可能です。

効果は1~2時間と短いため、一日のうちで手汗が気になるシーンの直前に使用するぐらいがちょうどいい方にはオススメです。
公式サイトからの購入で30日間の返金保証が得られるメリットがあります。