Pocket

手汗の悩みを持つ方なら誰でも、手汗がでなくなるようにしたいと思うものです。
実は手汗は暑い時や緊張した時に誰でもかくものなのですが、あまりにも手汗だけがひどいような場合には局所多汗症である可能性もあります。

局所多汗症とは手のひらや足の裏など限られた箇所にだけ極端に汗をかいてしまう症状で、特に手汗がひどいものを「手掌多汗症(しゅしょうたかんしょう)」と呼びます。

手掌多汗症には三段階のレベルがあり、それぞれ治療法も異なります。
まずは自身の手汗レベルを確認し、簡単に治せるのか治せないのかを判断していきましょう。

なぜ汗をかくのか

そもそもなぜ人間は暑いときや緊張した時に汗をかくのでしょうか。

暑いときには体温が上がってしまうため、命の危機に繋がることを考えると汗をかくのも納得できると思います。
汗をかくことで熱を発散しているわけです。

同じように緊張したときに汗をかくのにも理由があります。

人間が汗をかくメカニズムには交感神経という活動を司る自律神経が関係しています。
交感神経が末端神経に発汗の信号を伝えることで汗腺から汗が分泌されるわけです。

緊張したときや興奮した時には交感神経が活発になるため、発汗が促されてしまっているということなんですね。
手掌多汗症の方は交感神経が活発になった際の発汗量が何らかの理由で多くなってしまっている症状だと言えます。

汗を分泌する汗腺にはアポクリン腺とエクリン腺と呼ばれる二種類がありますが、手のひらはエクリン腺が体の中で額や足の裏に次いで多く分布されている部位です。
そのため、発汗した時に手のひらに汗を多く感じてしまうというわけです。

手汗レベルについて

手掌多汗症とひとくちにいっても、生活に支障をきたすレベルの手汗がでるものから、ちょっと気になる程度のものまでさまざまです。
一般には以下の3つのレベルに分けられます。

レベル1:湿っている程度。見た目にはわかりにくいが、触ると汗ばんでいることがわかる。水滴ができるほどではないが、汗がキラキラと光っている。

レベル2:水滴ができているのが見た目にもはっきりとわかる。濡れている状態。しかし汗が流れるところまではいかない。

レベル3:水滴ができて、汗がしたたり落ちる。

引用元:手掌多汗症-胸腔鏡による胸部交感神経遮断術-

「手汗なんて気にしなければ治る」なんていわれたことがあるかもしれませんが、それが適用されるのはレベル1までの軽微なものです。
レベル2、レベル3のような手汗の場合、気にしない程度では治らないことが多いので、生活に支障をきたしているのであれば病院にて診察してもらうことをオススメします。

まれに病気の予兆ということも

手のひらの汗が多くなってしまう原因は自律神経の異常が考えられるのですが、まれにバセドウ病や糖尿病といった病気の予兆で手汗がひどくなることもあります。
この辺りの区別はつけづらいところなので、あまりにも手汗がひどい場合には病院の受診がおすすめです。

女性の場合は更年期に女性ホルモン量が少なくなることから更年期障害、自律神経失調症などになりやすく、この場合にも手汗が出る傾向にあります。

簡単に治る手汗の対処法

手のひらをみても濡れているようには見えないけれど、手に触れると明らかに湿っている・・・ライトや太陽にかざすと手のひらのうえで何かが光に反射してキラキラとしている、そんな状態のあなたは「手汗レベル1」です。
この場合は「気にしなければ治る」という状態にあります。

そもそもなぜ気にしなければ治るのかというと、手汗の多くは精神的な理由によって分泌されているからです。

前述した通り、人間は緊張した時やドキドキする時などの興奮状態において汗をかく生き物です。
過去の失敗体験などから必要以上に不安になってドキドキしてしまうと、どんどん手のひらや額に汗をかくものです。

そして「手汗をかいている」ということ自体、自分が嫌悪している状態ですから、それを認識することで余計に焦っちゃうわけですね。
「手汗なんて全然気にならない」と思うようになると、不思議と手汗も引いて行きます。

ただ、「気にするな」と言われて気にしないでいられるようなものではないんですよね。
特に自律神経は自分ではコントロールできないものなので、気にしないようにと頑張ったところでなかなか手汗を止められるようなものではありません。

そこで、普段から手汗を止められる方法を試し、徐々に気にしないようにしていく必要があります。

日常生活の見直し

根本の解決を目指すには日常生活の見直しが欠かせません。
というのも、食事の偏りや睡眠不足は体にとってのストレスとなり、ホルモンバランスが崩れ、自律神経を乱してしまう原因となるからです。
手汗を気にするが余り水分摂取を控えてしまう人も自律神経を乱す原因を作っていることになります。

自律神経は汗腺の働きをコントロールしているわけですから、これが乱れることによってちょっとした緊張でも手汗を多くかいてしまう原因となるのです。

そのため、生活習慣を改善するということが手汗を抑える根本の解決方法といえるわけですね。

ただし、生活習慣を改善することに手汗を抑える即効性があるわけではありません。
長年にわたって作られた体の状態はちょっとやそっと改善した生活リズムでは変わらないからです。

生活習慣の改善は手汗対策に必要なことではありますが、これだけを行っていれば即手汗が収まるというわけではない点に注意が必要です。

半側発汗の利用

脇の下あたりをギューっと強く抑えることで額や手のひらに汗をかかなくなるのが、人間の半側発汗という作用を利用したものです。
ツボ押しと混同されがちですが、この作用は圧迫などによって汗をかけない場合に、体の他の面から汗をかかせるための機能だと言われているので本質的に違うものです。
舞妓さんが顔からかく汗や鼻汗などで化粧崩れしてしまうのを防ぐための方法として有名ですね。

半側発汗を利用した場合は圧迫によって手や額に汗をかけない状態になっているので、背中や足裏などから多くの汗をかくことになります。

手汗が出てきそうなタイミングで脇下の圧迫が上手にできれば「いつでも手汗を抑えられる」という自信のもと、いつしか手汗が気にならなくなるでしょう。

制汗剤の利用

手汗用の制汗剤を使うことで、手のひらからの汗を物理的に減らすことが可能です。
これなら手汗が出るタイミングを気にする必要もありませんし、毎日特に手汗のことを考えずに生きて行けるようになります。

手汗のことを考えなくなれば、「手汗をかいてしまったらどうしよう」という不安もなくなりますので、そのうち手汗が治ることにもつながってきます。
手軽に試せる方法なのでオススメと言えますね。

簡単に治らない手汗の対処法

それでは簡単には治らないレベル2、レベル3の場合にはどうすればよいのでしょうか。
手のひらがハッキリと濡れている、それどころかポタポタと汗がしたたり落ちている・・・そんな状態であれば、気にしないようにしたところで絶対に気になります。
場合によっては制汗剤を使っても手汗で成分が流れてしまい効果がないこともあります。

特にレベル3になってくると生活に支障が出てきますね。
この場合には皮膚科を受診するのがオススメです。

手汗の原因はさまざまなものがありますが、まずは皮膚科にて問診してもらいその症状がどんな原因によって引き起こされているのかを診断してもらいましょう。

そのうえで以下のような対処法が考えられます。

内服薬による治療

汗が分泌されるのには神経伝達物質であるアセチルコリンが関係しています。
病院での診断次第ではアセチルコリンの分泌を抑えたり、アセチルコリン受容体との結合を抑えるための神経伝達物質遮断薬(抗コリン薬)が処方されます。

アセチルコリンの抑制によって汗が分泌されなくなるため、こうした治療薬を服用していれば特に普段気にすることなく手汗を抑えていけるようになります。

また、手汗は精神的な理由で増えてしまうことから抗不安薬や精神安定剤が処方されることもあります。

ただし、医師によっては簡単に処方してくれないものなので、日本国内にて自己判断で使うには保険が適用されない個人輸入に頼るしかないなどハードルが高めです。

ドラッグストアで購入可能な漢方薬にも手汗に効果的なものがあります。

外科手術による治療

手汗が本当にひどく、したたるような状態であれば手術によって治していくしかない可能性もあります。
ETS手術(胸腔鏡下交感神経節遮断術)という手のひらに続く交感神経の遮断をする内視鏡手術によって、確実に手汗は分泌されなくなります。

ただし、代償性発汗という後遺症が100%起こるため、医師との術前の相談を重要視していく必要があります。

また、顔面の多汗症対策として星状神経節ブロックという方法があり、これも手汗に効果があるとされています。

ボトックス注射

外科手術と同じように美容クリニックで出来る方法としてボトックス注射というものがあります。
ボツリヌス菌という毒素を注射することで汗を止められる多汗症対策の方法として有名です。

ワキガ用の脇ボトックス注射やスソワキガ用のスソボトックス注射などもあります。
ニオイの元が汗にあるため、汗を抑えられる方法はニオイの改善方法としても有効なんですね。

いずれの場合も効果は一時的なもので、費用が高いうえに定期的に打ち続けなければならない点、痛みが強い点など患者負担が高い点からあまりおすすめはできません。

イオントフォレーシス治療

美容皮膚科においては水道水に微弱な電流を流して治療改善していくイオントフォレーシスという電気治療方法もあります。
制汗剤の利用などと併用して定期的な治療を行っていくことで、多汗症の改善が見込める方法です。

ミョウバン水

スーパーで買えるミョウバンを水道水で溶かしたミョウバン水も汗腺の収れん作用があるため汗を抑えるのに効果的です。

手汗を「止める」方法なら制汗剤

手汗の根本的な改善だけでなく、今かいてしまっている手汗をとりあえず止めたい場合には、やっぱり制汗剤の使用がおすすめです。
安価に入手できますし、塗布すれば良いだけで数時間の効果が得られるなど手軽な割にメリットが大きいからです。

成分に塩化アルミニウムを含む塩化アルミニウム液が制汗剤としては効果的で一般的でしたが、体質によっては副作用として肌の炎症を起こしてしまうということもあり、最近では塩化アルミニウムよりも安全な成分をつかった制汗剤が増えています。

もし手汗に悩んでいたらオススメしたい制汗剤3選

手汗に悩んでいるものの、どの制汗剤にしたらいいのか悩んでいる方は、とりあえず以下3つの制汗剤を参考にしてみてください。
それぞれ配合されている成分と商品のタイプが違うので自分の手汗レベルや使うシーンに適したアイテムを選ぶようにしましょう。
制汗剤は手術などとは違い、比較的簡単に手汗の悩みから解放されるためおすすめです。

強い制汗作用が欲しい人向け「デトランスα」

手汗に強い制汗効果を表す、塩化アルミニウムを配合したデンマーク製のローションタイプの手汗用制汗剤です。
塩化アルミニウムは強い効果がある反面、肌荒れなどの副作用が起こる可能性も高いため、日本人向きではないという声も。

公式サイトからの購入で初回分が多少安価に購入することができますが、2回目以降は通常価格での購入となり、並行輸入品ということもあって高額になります。

それでも、肌に負担がかかったとしても強い効果を期待したいという方にはオススメの商品と言えます。

初めて制汗剤を使う人向け「CORKL(コルクル)」

手汗に悩んでいる人のための化粧クリームです。
リニューアルをして肌に対してのやさしさを追求した化粧品になりました。

肌への刺激が少ないように使用成分を厳選、サラサラの肌触りを体感できるように作られているため初めて制汗剤を使う人にオススメです。
(肌への優しさを最優先にしているため消臭成分などは撤去されています)

現在はAmazon、楽天、Yahoo!ショッピングでの販売になっています。

気になる時に手汗を止めたい人向け「farine(ファリネ)」

パウダータイプの手汗用制汗剤です。
ネット通販系の制汗剤においてはかなり知名度が高い商品といえます。

有効成分ACHが手のひらの汗腺を塞ぐことで手汗を止めることができるというもの。
パウダータイプなのでベビーパウダーのように使うことが可能です。

効果は1~2時間と短いため、一日のうちで手汗が気になるシーンの直前に使用するぐらいがちょうどいい方にはオススメです。
公式サイトからの購入で30日間の返金保証が得られるメリットがあります。