Pocket

ネイルケアをしたいけど、手汗が恥ずかしくてネイルサロンには行きづらい。
そう思っている方は多いと思います。

また、手汗がひどくネイルサロンで恥ずかしい思いをしたことがあるという悩みをお持ちの方もいるのではないでしょうか。

実際には手汗がひどくてもネイルサロンに通って爪を綺麗にしている女性はたくさんいます。

手汗は原因を把握して改善していくことができるもの。
対策方法もいくつもあるので、自分にあった方法を見つけておしゃれを楽しんでいきましょう。

汗がでる原因は?

そもそも人間は汗をかくようにできている生き物です。
暑い時には汗をかき、体温を下げるようにできています。

ただしネイルサロンなどでかく汗は暑さによるものだけではありません。
精神的な理由でかく汗(精神性発汗)が主な原因と言えます。

施術に緊張する

人間は暑い時以外にも緊張した時や興奮した時に自律神経の交感神経が活発になり発汗させられます。
その時には額や手のひら、足の裏などに多くの汗をかくものです。

ネイルサロンは1対1で施術をしてもらう関係上、どうしても緊張しやすいものです。
緊張すれば汗が出てしまうのは普通のことなんです。

また、汗が出てしまっていると意識すればした分だけ、手汗は噴き出てくるように出来ています。
特に手を見られる、手に触れられているという環境なのでなおさらです。

そのため、ネイルサロンでの施術は手のひらから発汗しやすい状況だと言えるわけです。

元々の多汗症

もし、施術中じゃなくとも手のひらからの発汗が酷いのであれば、多汗症の可能性もあります。
多汗症は原因不明の症状で、額やワキ、手や足などから大量の汗が分泌される状態のことを言います。

原因不明と言っても汗が分泌されるプロセスは一緒ですので、他の発汗と同じような対策を施していくことが出来ます。

汗の対処法

それでは手汗を気にせずにサロンに通えるようになるためにはどのような対処方法があるのかを説明します。
とても簡単なことばかりなので是非実践してみてください。

最初からネイリストさんに伝える

一番にやってみて欲しいのは、予約の際にネイリストさんに伝えるというものです。
「手汗が酷く悩んでいる」と伝えることによって、ジェルネイルを手汗で崩れにくいカルジェルにしてもらえると言ったメリットもあるのでおすすめ。

サロン側からはお客様相手に「手汗が酷いですね」と指摘するのはなかなか難しく、しっかりと水分や油分をふき取って施術をしたのに翌日には剥がれてしまった・・・なんてことになりかねないのです。
ネイリストの技術力だけではカバーできない部分というのが存在しているからです。

最初に手汗について伝えるというのはなかなか恥ずかしい気持ちもわかりますが、一時の恥と割り切って伝えてしまうのが最善です。
ネイリストや美容師といった手を使う仕事の人も職業柄手汗に悩んでいる人は多いため、相手も同じ境遇で悩んでいる方である可能性もありますし、プロであればあるほど相手の悩みに真摯に向き合ってくれるはずです。

施術中の会話の中で伝えてもいいですが、ネイリストさんの立場を考えてあげれば、先に行っておいてもらった方がいろいろと準備ができたり、考える時間が取れるため助かるでしょう。

案外最初に伝えておけば、ミニタオルをそばに置いておき、施術の合間に手汗を拭くだけでも対処できたりするものです。

指先の出ているグローブをはめる

ネイルサロンによっては指先だけ出ているグローブを提案してくれるところもあります。
または自分で持参し、中に保冷剤を入れて冷やしている人もいるようです。

ネイリストさんに不快な思いをさせたくないと思ってのことかもしれませんが、もし「手汗が恥ずかしいから」という理由であるならグローブ着用よりも先にネイリストさんに告げておくようにしましょう。
グローブをはめて施術を受けている時点で手汗が酷いと言うことはネイリストさんにバレバレだからです。

制汗剤

どうしてもサロン側に手汗について伝えるのが恥ずかしい、または手汗の量が尋常ではなくどうしてもネイリストさんに触れられるのが嫌だという場合には手汗を止める方法を試すようにしましょう。

ツボ押しや薬による治療、外科手術によってピンポイントで手汗を止めるといった方法もありますが、オススメなのは手汗専用の制汗剤を使うことです。
ネット通販では手のひら用制汗剤が販売されており、中には即効性をもって手汗を止めてくれる商品もあります。

注意点は塩化アルミニウムを含んだ商品かどうかというところ。
塩化アルミニウムは手のひらの汗を止めてくれる強い作用がある反面、肌質に合わないとかぶれたりする副作用も報告されています。
敏感肌など肌荒れが心配な方は慎重になっておきたい部分です。

ただし、副作用と効果はどうしても密接につながっているものですので、この辺りは自身の肌質に合うかどうかを試していくしかないですね。

手汗用制汗剤はクリームタイプのコルクルや、パウダータイプのファリネなど無料でお試しできるものが人気です。
種類も豊富なので、成分や製品タイプで自分に最適なものを選ぶようにしましょう。

もし手汗に悩んでいたらオススメしたい制汗剤3選

手汗に悩んでいるものの、どの制汗剤にしたらいいのか悩んでいる方は、とりあえず以下3つの制汗剤を参考にしてみてください。
それぞれ配合されている成分と商品のタイプが違うので自分の手汗レベルや使うシーンに適したアイテムを選ぶようにしましょう。
制汗剤は手術などとは違い、比較的簡単に手汗の悩みから解放されるためおすすめです。

強い制汗作用が欲しい人向け「デトランスα」

手汗に強い制汗効果を表す、塩化アルミニウムを配合したデンマーク製のローションタイプの手汗用制汗剤です。
塩化アルミニウムは強い効果がある反面、肌荒れなどの副作用が起こる可能性も高いため、日本人向きではないという声も。

公式サイトからの購入で初回分が多少安価に購入することができますが、2回目以降は通常価格での購入となり、並行輸入品ということもあって高額になります。

それでも、肌に負担がかかったとしても強い効果を期待したいという方にはオススメの商品と言えます。

初めて制汗剤を使う人向け「CORKL(コルクル)」

手汗に悩んでいる人のための化粧クリームです。
リニューアルをして肌に対してのやさしさを追求した化粧品になりました。

肌への刺激が少ないように使用成分を厳選、サラサラの肌触りを体感できるように作られているため初めて制汗剤を使う人にオススメです。
(肌への優しさを最優先にしているため消臭成分などは撤去されています)

現在はAmazon、楽天、Yahoo!ショッピングでの販売になっています。

気になる時に手汗を止めたい人向け「farine(ファリネ)」

パウダータイプの手汗用制汗剤です。
ネット通販系の制汗剤においてはかなり知名度が高い商品といえます。

有効成分ACHが手のひらの汗腺を塞ぐことで手汗を止めることができるというもの。
パウダータイプなのでベビーパウダーのように使うことが可能です。

効果は1~2時間と短いため、一日のうちで手汗が気になるシーンの直前に使用するぐらいがちょうどいい方にはオススメです。
公式サイトからの購入で30日間の返金保証が得られるメリットがあります。