Pocket

パズドラ(パズル&ドラゴンズ)をやっていて、斜め移動がうまくできない、闘技場など難易度の高いダンジョンでのミス・・・困りますよね。
それが手汗によるものだった場合、「この手汗さえなければ・・・」と思うものです。

人より手汗が多いというだけでここまでプレイが不利になる仕様なんだから、運営サイドには手汗の悩みを抱えている人に対してのみ詫び石出してほしいぐらいです。

また、パズドラに限らずモンストなども、アップデート時に指紋認証がうまくいかずになかなかアップデートできなかった、なんてこともあると思います。
私は手汗が酷かったので指紋認証を外して使っていましたが、一度設定してしまうとあの便利さに慣れてしまってなんとか指紋認証も使いたくなるんですよね。

そこで、なぜ手汗が出るのかを知り、手汗を解決させて、快適にパズドラが遊べるようになる方法についてまとめました。

なぜ手汗が出るのか

人間が汗をかくのには3つの理由があります。
1つめは暑い時に体温を下げるための発汗、2つめは辛い物を食べた時にかく汗。
そして3つめは緊張したときにかく汗です。

精神性発汗

パズドラをしていて手汗が噴き出してくる状況というのは、この3つめの「緊張したときにかく汗」です。
これは精神性発汗とよび、人間が昔、狩りをしたり身を守るために必要な発汗作用でした。

現代社会においてはほとんど必要のない発汗状態ですが、現代人の歴史は人類の歴史に比べたら微々たる期間であるため、未だに残ってしまっている生理作用ということになります。

さて、ではなぜパズドラをしている時に精神性発汗が起きるのでしょうか。
家でリラックスしてゲームをしていても、気づいたら手のひらが汗まみれになっていたなんてことも珍しくありませんよね。

実は本人がリラックスしているつもりでも、パズドラのプレイ中は本能的に緊張状態にある可能性が高いのです。

例えば難易度の高いダンジョンにチャレンジしている場合、どうしても手に力が入ってしまうことってありますよね。
できるだけミスをなくしたいと思うことも自身の緊張に繋がります。

緊張すると自律神経の交感神経が活発になり、汗腺から汗を分泌させることになるのです。

さらにはゲームに熱中すると気持ちが高ぶってきて興奮状態になります。
この興奮状態というのも交感神経が活発になっている状態であり、手汗を異常に分泌させることに繋がってきています。

日常生活の変化による発汗

「最近やけに手汗が多く出るようになった」という方の場合には、自律神経がなんらかの異常を訴えている可能性があります。
汗をコントロールしている自律神経は、性ホルモンや血液とも深くつながっています。

これらは日常生活の乱れによって簡単に崩れてしまうものであり、性ホルモンバランスが悪くなったり血液の流れが悪くなった場合には発汗が促されることがあるわけです。

普段から手汗が出ている場合

パズドラをしている時や緊張している時、興奮している時に限らず、普段からよく手汗が出ているという方の場合、多汗症を疑いましょう。
多汗症は原因不明の症状で、手汗や顔汗が異常なほど出てしまうというものです。

勘違いしてはいけないのは、手汗も顔汗も、男性女性関係なく、誰でも緊張した際や暑い時には普通にかくものであるということ。
手汗が出ているから多汗症なのではなく、それが日常生活においてリラックスしているようなシーンでも発汗が見られる場合には多汗症の可能性があるということです。

解決方法

手汗をかいてしまうとなぜスマホが反応しないのかというと、スマホ画面のタッチパネルと手汗の相性がよくないからです。
タッチパネルの仕組みについてはこちらを参照ください。
[参考]手汗を治す方法とスマホを使えるようにする解決法。

では手汗が酷い人はパズドラをあきらめるしかないのかというと、そんなことはありません。
手汗が酷い人がパズドラをプレイするための対策案は以下の通り。

慣れ

まず、発汗が緊張や興奮によって起きているのであれば「慣れ」によって改善することが十分考えられます。
例えば難易度が高いダンジョンであっても、なんどもやっているうちにリラックスできるようになりますよね。

慣れによって手汗が出てこなくなった場合には精神的な興奮などが原因で汗をかいていたと考えて問題ありません。

もし難易度が低いダンジョンや、惰性でだらだらとプレイしているのに手汗が出ているのであれば多汗症を疑うべきでしょう。

タッチペン

ツムツムのユーザーに人気が高いのがコレ。
彼らはいち早くスマホ用タッチペンを導入していました。

100均で買えるものでも、ペン先がゴムになった静電容量式タイプのタッチペンなら手汗が滴るほどでなければ問題なく使えます。

さすがに滴って画面に水滴が落ちてしまうと誤動作の原因となりかねません。

ただ、どうしても指でのプレイに慣れてしまっていると、タッチペンはやっぱりプレイしづらいですね。
角度によってはポイントを抑えづらかったり、そもそも反応しなかったり、こちらも慣れるまでに時間がかかります。

指サック・手袋

指での操作にこだわるのなら、スマホ用指サックやスマホ用手袋という商品もあります。
便利ではありますが、いちいちパズドラを起動するタイミングで装着しなければならない点はなかなか面倒です。

セロテープ

特別なグッズを用意しなくとも、家にセロハンテープがあったら指先に付けてプレイするだけでも費用をかけずに無料で手汗が抑えられる可能性があります。
ちょうど画面保護フィルムを貼ったのと同じような作用で、汗による誤動作を多少抑えてくれる役割があるんですね。

ただし、自分が指にセロテープを巻いてパズドラをしている姿を想像して、悲しくならないことが大前提です。

セロハンテープの代わりに絆創膏でもいけるそうなので、こちらの方がまだ自然かもしれませんね。

制汗剤

手汗そのものを抑えるという解決方法もあります。
手術による治療方法や、薬による対策案もありますが、一番手っ取り早いのは制汗剤です。

ワキ用の制汗剤は有名なのでよく使っている人もいますし、テレビCMなんかもバンバンやっていますが、実は手汗用の制汗剤というものも発売されています。
手汗用制汗剤は手のひらの汗腺を縮めてくれることによって手汗をある程度止められる効果があるもの。
こうした制汗剤を使えば一日ほぼサラサラでいられるなどパズドラ以外のシーンでも手汗を気にしなくて済むようになるため、オススメです。

また、手術の場合には手から全く汗が出なくなってしまい、画面カピカピ状態で逆に滑りづらくなってしまうということも多いです。
画面ヌルヌル状態よりはマシと思うかもしれませんが、手術は取り返しがつかないのであとから「やっぱりやめておけばよかった」ということができません。

その点制汗剤ならいつでも始められるし、いつでも辞められるため、「やっぱり多少は手汗があったほうが・・・」というような場合にも対応できる点が便利です。
口コミで評判のテサランやコルクルといった返金OKのキャンペーンが行われているものも多いため、費用面でも圧倒的にお得です。

もし手汗に悩んでいたらオススメしたい制汗剤3選

手汗に悩んでいるものの、どの制汗剤にしたらいいのか悩んでいる方は、とりあえず以下3つの制汗剤を参考にしてみてください。
それぞれ配合されている成分と商品のタイプが違うので自分の手汗レベルや使うシーンに適したアイテムを選ぶようにしましょう。
制汗剤は手術などとは違い、比較的簡単に手汗の悩みから解放されるためおすすめです。

強い制汗作用が欲しい人向け「デトランスα」

手汗に強い制汗効果を表す、塩化アルミニウムを配合したデンマーク製のローションタイプの手汗用制汗剤です。
塩化アルミニウムは強い効果がある反面、肌荒れなどの副作用が起こる可能性も高いため、日本人向きではないという声も。

公式サイトからの購入で初回分が多少安価に購入することができますが、2回目以降は通常価格での購入となり、並行輸入品ということもあって高額になります。

それでも、肌に負担がかかったとしても強い効果を期待したいという方にはオススメの商品と言えます。

初めて制汗剤を使う人向け「CORKL(コルクル)」

手汗に悩んでいる人のための化粧クリームです。
リニューアルをして肌に対してのやさしさを追求した化粧品になりました。

肌への刺激が少ないように使用成分を厳選、サラサラの肌触りを体感できるように作られているため初めて制汗剤を使う人にオススメです。
(肌への優しさを最優先にしているため消臭成分などは撤去されています)

現在はAmazon、楽天、Yahoo!ショッピングでの販売になっています。

気になる時に手汗を止めたい人向け「farine(ファリネ)」

パウダータイプの手汗用制汗剤です。
ネット通販系の制汗剤においてはかなり知名度が高い商品といえます。

有効成分ACHが手のひらの汗腺を塞ぐことで手汗を止めることができるというもの。
パウダータイプなのでベビーパウダーのように使うことが可能です。

効果は1~2時間と短いため、一日のうちで手汗が気になるシーンの直前に使用するぐらいがちょうどいい方にはオススメです。
公式サイトからの購入で30日間の返金保証が得られるメリットがあります。