Pocket

手汗が酷くてシャーペンが滑ってしまう。
せっかく書いた文字が汗で滲んでしまう。
汗で濡れてしまったため、筆圧で芯先が紙を突き破ってしまった・・・。
手汗に悩んでいるとこういった問題がありますよね。

悩んでいない人からしたらどうってことない事かもしれませんが、手汗に悩む本人からしたらテストに集中することができない由々しき事態です。
特に学生時代には人生を左右するかもしれない問題ですね。

紙が濡れてしまう問題はハンカチでどうにか抑えることが出来たとしても、滑る方はなかなかどうにもできません。

そんな悩みを抱えている方のために、手汗が出る原因を知り根本の解決を目指す対策方法と、グッズによる対処法についてまとめました。

手汗の原因は?

手汗が出る原因について考えたことはありますでしょうか。

人間は通常、暑いと感じた時には誰でも汗をかくものです。

また、辛い物を食べた時にも汗をかきます。

でも、人間が汗をかくのは決して暑い時や辛い物を食べた時だけではありません。

テストなどの時にでる汗は精神性発汗

人間が暑い時以外に汗をかく理由の一つに「精神性発汗」があります。
これは緊張した時など、体がアクティブ状態になった時に出てくる汗で、原始の人間が敵と戦うために備えられた機能の一つと言われています。

私たちがコントロールすることができない自律神経という神経のうち、アクティブな神経である「交感神経」が優位に立った際、手のひらから汗がじんわりと出てくるように出来ています。

交感神経が優位に立つタイミングというのは人それぞれ差があるものですが、テストなどの「失敗できない」という時には体がアクティブ状態になる傾向にあります。
他にも人前でスピーチしなければならないとき、スポーツ観戦に熱中している時などもそうです。

もしもあなたの手汗がテストなどの重要な場面にのみ溢れてくるものであれば、その原因は精神性発汗によるものと考えられるわけです。

日常的に発汗するなら多汗症

テストの時など緊張するシーンでの手汗ではなく、日常的に、例えば普段授業を受けている最中から手汗をかいている・・・などであれば多汗症である可能性があります。

多汗症は原因不明の症状で、特に暑くもなく緊張もしていない状態でも手汗が出てしまうものです。
そして多くの場合は人よりも多い手汗に悩まされることになります。

対処方法

あなたの手汗が精神性発汗によるものであれば、慣れによってある程度の手汗を抑えることができるようになります。
たとえば、人前でのスピーチも回数を重ねるごとに緊張しなくなっていくものです。

考えてもみてください。
そのテストがあなたの人生を全く左右しないものであれば、緊張しなくなるのではないでしょうか。
テストはそれまでの勉強の成果がただ反映されるだけ、その場で緊張する必要なんてないと思い込むことが出来れば、手汗は気にならないレベルにまで下げることが可能なわけです。

ただし、手汗をコントロールしている自律神経は自分の意思でどうこうできる存在ではありません。
そのため、本当に緊張しない状態に持っていくには相当な慣れが必要であり、そう簡単に手汗を抑えることが出来ないのも事実です。

日常生活の見直し

多汗症は原因不明の症状とかきましたが、手汗が分泌されるプロセス自体は精神性発汗と何ら変わりません。
要は少し緊張した程度の状態では他の人が汗をかかないような状態でも、多汗症の人は汗が噴き出してしまうという状態ということ。

つまり、緊張するから汗をかくというプロセスに違いはないわけです。

ではなぜ多量に汗をかいてしまうのかというと、自律神経のバランスが崩れていて、発汗の命令系統に異常があるのではないかと考えられています。
そこで、自律神経を整えてやるということがポイントになってきます。

自律神経を整えるのには日常生活の見直しが必須です。
改善方法としては睡眠をしっかりととって、適度な運動をし、バランスの取れた食生活をするということですね。

これも一朝一夕で多汗が治るというようなものではありません。
長い期間こういった生活改善を続けることで徐々に汗が少なくなっていくことが期待されるものです。

シャーペンを変えてみる

汗を根本から止めるということは日常の慣れや生活習慣の改善として続けるとして、目の前の「テストでシャーペンが滑る」ということを手っ取り早く解決するためには滑らない筆記用具を使ってみるのも手です。

基本的にはグリップ部分がゴム製になっているものや溝が彫ってあるものを使えばある程度抑えられます。

グリップがゴム製の人気商品「Drグリップ」

一般用のシャーペンでグリップ部分がゴム製の人気商品だとパイロットのDrグリップがありますね。

ただし、軸径が少し太く重量がありグリップ部に溝がないため、人によっては使いづらいかもしれません。

機能性に長けている製図用シャーペン

製図用のシャーペン(パイロットのS10やロットリング500、プラチナ万年筆プロユースなど)もプロ用の滑りにくいグリップになっており、機能性に長けています。
ステッドラーの925も手汗に悩む人から評判がいいですね。

ぺんてるのグラフギア1000やゼブラテクト2ウェイライトも人気ランキングの常連です。

アイテムとの相性も重要

逆に三菱鉛筆のクルトガやゼブラのデルガードはダメといった意見もありますが、「これを使えば確実に滑らない」「これが最強」というようなものが存在するわけではなく、その人その人にとっての相性がどうしても存在します。

そもそもどのシャーペンも「手汗防止機能付き」というわけではないため、激しい手汗の人に対応した商品ではないからです。

口コミレビューばかりを当てにするのではなく、文房具店などでいくつか試してみて最適なものを選んでいくしかないですね。
機能性やコスパといった部分は実際に使ってみないと測れません。

また、なんとなくイメージで「木軸」のシャーペンが滑らないような気もしますが、特にそういったことはありません。
木軸シャープペンシルはデザインや独創性、高級感を楽しむためのシャーペンであり、機能面で勝負していないものがあることに注意が必要です。

制汗剤

もし、手っ取り早く手汗を止めたいのであれば、手汗用の制汗剤がおすすめです。
手汗用の制汗剤は手のひらの汗腺を収れんさせる成分が含まれており、汗の分泌自体を一時的に抑えてくれる効果があるものです。
汗を抑えることで有名なミョウバン水と同じ効果ですね。

手汗を止めたい日の朝やテストの前などに手のひらに塗っておけば、いくら緊張したところで手汗が気にならないレベルにまで下がるため、テストにも集中できるようになるというわけです。
ハンドクリームタイプのものなど、携帯用に不自然ではないアイテムがあるため、気になるタイミングで使えるのはありがたいですね。

日常生活の改善などによって手汗体質を根本から治したい人も、治るまでの期間は制汗剤でカバーしておくというのが便利な使い方ではないでしょうか。

もし手汗に悩んでいたらオススメしたい制汗剤3選

手汗に悩んでいるものの、どの制汗剤にしたらいいのか悩んでいる方は、とりあえず以下3つの制汗剤を参考にしてみてください。
それぞれ配合されている成分と商品のタイプが違うので自分の手汗レベルや使うシーンに適したアイテムを選ぶようにしましょう。
制汗剤は手術などとは違い、比較的簡単に手汗の悩みから解放されるためおすすめです。

強い制汗作用が欲しい人向け「デトランスα」

手汗に強い制汗効果を表す、塩化アルミニウムを配合したデンマーク製のローションタイプの手汗用制汗剤です。
塩化アルミニウムは強い効果がある反面、肌荒れなどの副作用が起こる可能性も高いため、日本人向きではないという声も。

公式サイトからの購入で初回分が多少安価に購入することができますが、2回目以降は通常価格での購入となり、並行輸入品ということもあって高額になります。

それでも、肌に負担がかかったとしても強い効果を期待したいという方にはオススメの商品と言えます。

初めて制汗剤を使う人向け「CORKL(コルクル)」

手汗に悩んでいる人のための化粧クリームです。
リニューアルをして肌に対してのやさしさを追求した化粧品になりました。

肌への刺激が少ないように使用成分を厳選、サラサラの肌触りを体感できるように作られているため初めて制汗剤を使う人にオススメです。
(肌への優しさを最優先にしているため消臭成分などは撤去されています)

現在はAmazon、楽天、Yahoo!ショッピングでの販売になっています。

気になる時に手汗を止めたい人向け「farine(ファリネ)」

パウダータイプの手汗用制汗剤です。
ネット通販系の制汗剤においてはかなり知名度が高い商品といえます。

有効成分ACHが手のひらの汗腺を塞ぐことで手汗を止めることができるというもの。
パウダータイプなのでベビーパウダーのように使うことが可能です。

効果は1~2時間と短いため、一日のうちで手汗が気になるシーンの直前に使用するぐらいがちょうどいい方にはオススメです。
公式サイトからの購入で30日間の返金保証が得られるメリットがあります。